転職は、最初の第一歩は企業とのやりとりというより人事や採用担当の面接官・・

薬剤師転職|転職活動では、希望する企業とのやりとりというより、どっちかというと「担当面接官」との…

  • 転職活動では、企業そのものというより、どちらかというと「担当面接官」とのやり取りが大事といってもいいでしょう。しっかりと採用してもらうために、ゼッタイに面接が始まるときに焦らずに対応しましょう。例えれば素敵な女性とのお見合いのような気分でいる、望むと良いと思います。また面接官は最初にあなたの内面的な部分を判定してもらうので余計な誤解を招くような態度や身なりは気をつけてやめましょう。また品性の有る雰囲気やT・P・Oなどに応じて転職活動にピッタリな服装(T・P・O)を意識してみてください。あなたらしさを表現できるといいでしょう。面接官に企業に採用したい人材と認識されれば、自然と良い結果も出やすくなるでしょう。
  • 派遣でのお仕事が決まりました。

  • 派遣会社での仕事が決まりました。仕事の初日に派遣会社の営業担当の人と勤務先の近くのコンビニエンスストアで待ち合わせたところ、約束の店の前にいないから中にいるのだろうと思いコンビニエンスストアの中に入ってみたところ、営業担当者はなんと雑誌売り場の前でしゃがみ込んでいやらしいグラビアのところを開いて見ているのを発見しました。こんな担当者のお仕事なんて絶対に無理だと思って、そこで声をかけずこっそりと店内から出てすぐさま派遣会社に辞退の連絡をしました。
  • 薬剤師転職|生まれて初めて失業保険の給付を受けるときに、「期間内は自動的に受け取れる」と考える・・

  • 初めて「失業保険」を受けるとき、何もしなくても給付されると思っている人が大多数だが実際には、失業保険をきちんと受け続けるためには、職探しを行っている必要があり、さらには、月に一度はハローワークに行く必要があります。一か月おきに担当者に求職活動の状況を報告して真摯に仕事を探していることを信じてもらえれば翌月も保険を受けられる仕組みとなっています。因みに真面目に就職活動に取り組んでいないという心証を与えたり、毎月の職員との面談欠席した場合は、情け無用で給付の一時停止の措置を取られたり、ケースによってはそれ以降の給付資格も失効するおそれがあるのでそれを防ぐために充分に注意しましょう。
  • 薬剤師転職|転職期間中は、趣味に打ち込むことに加え、体力づくりを意識してお…

  • 転職先を探している間は、趣味に打ち込んだり、体力づくりを意識しておくとベストです。会社が決まり、仕事復帰した時に、趣味に没頭していた影響で、気付かない間に集中する力が養われているのです。加えて、体力アップしているために、その場の社員さんよりも疲れない身体になっている、と認識します。そんなわけで、自分の趣味に時間を充てることと、体力を落とさないようにしておいて損することはありません。その後、その職場のなかであなたと共通の趣味の方がいれば、すぐに仲良くなれます。ですから、これまでしてこなかったことに挑戦してみるのも転職期間中の自由な時間の利用方法としてはおすすめです。