転職は、最初の第一歩は希望する企業とのやりとりというよ…

転職活動で大事なことは希望する企業とのやりとりというより…

  • 最短で転職したい場合は企業そのものというより、ある意味、「担当面接官」との勝負といってもいいでしょう。面接官に良い印象を与えるために、ゼッタイに緊張せずに焦る気持ちを抑えて平常心を強く意識しましょう。例を挙げるとお見合いするかのような姿勢でいる向かうと良いと思います。また面接に進むと最も初めにあなたの内面的な素質を観てもらうわけですから、悪い評価になるような言動は気をつけてやめましょう。なおかつモラルある社会人らしい身だしなみや服装を整えながら、オーラを感じさせることができればいいです。企業にとって魅力的な人材と思ってもらえれば、きっと良い転職先に巡り会える可能性も高くなります。

  • 派遣会社での仕事が決定しました。

  • 派遣社員として働く会社が決まりました。最初の勤務日に営業担当の人と派遣先の近くにあるコンビニで待ち合わせをしたところ、なぜかコンビニの前にいなかったので店の中にいるのではないかと思って店の中に入ってみると、担当者は驚くことに雑誌の所に座り込んでいやらしいグラビアページを開けてじっと見ているのを発見しました。こんな担当の人のお仕事なんて人間として恥ずかしいことだと感じて、挨拶もせずこっそりとコンビニから出て即座に派遣会社へ仕事を辞退する旨を電話で伝えました。

  • 薬剤師転職|生涯初の失業保険を受けるケースでは、給付されるのを待っているだけでいいと思っている・・

  • 生涯初の失業保険を受ける際に、じっとしていれば給付されると思っている人がたいへん多いですが、それは誤りです。本当は、失業保険をきちんと受け続けるためには、職探しを行っていることが必要で、それとは別に、毎月1回、ハローワークに通う必要もあります。1ヶ月間隔で職員に求職活動の状況をきちんと説明して「この人は、真摯に就職活動をしているな」と認められれば、翌月、保険が下りる仕組みになっています。その反対に、真面目に就職活動に取り組んでいないと判断されたり、毎月の職員との面談に参加しない場合は、情け無用で給付をストップされたり、それ以降の給付資格も消失するおそれがあるので、そうならないために気をつけてください。

  • 転職期間では、自分の好きなことに打ち込んだり、体力の低下を招かないようにしておく…

  • 転職期間では、趣味に時間を費やすことに加え、体力を損なわない様にすると良いと思います。いざ仕事復帰した時に、趣味に夢中になっていたことで気付かないうちに集中しやすい体質になっています。また体力アップしていることで一緒に働く人たちと比べると体力が持続するということを認識することができます。なので、退職して転社先が決まるまでは自分の好きなこと趣味に時間を充てることと、体力アップをしておくことをするのが何より良い事なのです。この先、その職場のなかであなたと共通の趣味の方がいれば、会話が盛り上がるので、時間がなくてできなかったことに挑戦してみるのも転職期間中の自由な時間の利用方法としてはおすすめです。