転職時の面接では、中堅企業であればそこの会社の「人事」担当者が面接官です…

薬剤師転職|再就職のための採用面接では、規模の小さい企業だった・・

再就職のための面接では、零細企業クラスの場合ほとんど、その社内の「人事」担当が面接官になりますが、その他にも実際にともに仕事をしていく作業部署の責任者、という具合に部長・課長などの中間管理職が面接をすることもあります。また営業職や事務職などのジャンルでは、資格を介した具体的なイメージがないので、自主的に自分を売り込んでいくことが大事です。面接担当の人たちに「この候補者はしっかり自己主張するし、良い戦力になりそうだ」と思わせ、記憶に残すことが大切です。

薬剤師転職|時間に融通が効くはずの派遣社員であったとしても、好きなタイミングで退職できるわけではない…

派遣社員であっても、1年経ったら好きなタイミングで退職できるわけではないと転職を経験して思い知らされました。私は結婚して落ち着いたら早く子育てに取り組みたかったので、妊娠するまでの間のために数年くらい現在の職場でそのまま仕事したかったので就職しました。常勤ではなく派遣社員ということもあり、正規よりも収入は少なめでしたが、仕方ないので家庭の時間を得たかったので、あえて選択しました。ところが、入社後、一緒に働く人たちのほとんどの方が派遣社員として10年や20年ちかくも続けて勤務していたのです。たとえ派遣社員だからといって、契約が過ぎたらすぐに辞められる雰囲気ではないと気付かされ、困ってしまいました。

転職サイトや転職エージェントといったサービスを利用し…

転職エージェントや転職サイトなどを活用して、転職活動する人は年々増えています。ですが、転職の可能性をもっと高めたいのであれば、転職フェアの積極的活動をおすすめします。転職フェアは、多くの企業が一堂に会する場であり、参加すればあなたの気になる企業の情報を効率的に得られますし、加えて、説明担当の企業スタッフから、それぞれの企業の「雰囲気」を感じられるはずです。転職フェアに参加する場合には、面接に行くのと同じ覚悟を持ってしっかりとした準備をしておくことがおすすめです。その結果フェアの期間中に企業側(の担当者に)認められれば、その後応募して採用面接で非常に有利になると予想されます。

薬剤師転職|就職活動する場合に特に注意したほうがよい求人は、そこまできつくなさそうな仕事内容なのに給料が高め…

就職活動をするときに気を付けて欲しい募集内容は、そこまできつそうな仕事ではないのに給料が高めで、拘束される時間が長いものです。このような募集では、給料に『みなし残業代』を含んで算出しているケースがたいへん多いのです。みなし残業代は、別名『みなし』とも言われ、30時間、45時間という風に求人の内容に時間が併記されているものです。これは、毎月これだけの残業が発生する可能性があるので、最初から給料に残業代を含んでおく、といったシステムになります。(合法です)例えば『みなし残業代20時間込』と記載があれば、「書かれた時間分の残業代を含めると、この給料がもらえます」という求人になるわけです。ですが、悪質なブラック系の求人では記載しておくべき『みなし』という言葉自体がないこともザラですのでよく注意をしておきましょう。