転職時の面接では、中小企業クラスの場合、大体は「人事」が面接担当ですが・・

転職の際に行われる面接というのは、規模の小さい企業であれば…

  • 再就職をする時に受ける面接では、中小企業だったら概ね「人事」が面接担当ですが、それ以外の場合もあります。例を挙げるなら、仕事をすることになる作業部署の一番偉い人、要するに部長や課長などが面接担当になる可能性もあります。中でも事務系や営業系などの部署に転職する場合は、資格などで人の評価が難しいですから、自信を持ち自身を売り込んでいく事で良い印象を与えることができます。面接担当から「この候補者は、きちんと自己主張できるし、それに良い戦力になりそうだ」と思わせ、自分という人間を記憶に残すことがとても大切です。
  • 比較的時間に融通が効くはずの派遣社員というものは、1年ご…

  • 比較的時間に融通が効くはずの派遣社員だからといって1年経ったら自分の好きなタイミングで退職できるものではないと転職で気付かされました。私は新婚し、生活が落ちついたあと早く子供を授かりたかったので、子供ができる日が来るまでのあいだ、数年ほど現在の職場でそのまま仕事をしておきたいと思い、就職しました。常勤ではなく派遣社員であったために、正社員より年収は少なかったですが、仕方なく時間的な融通を得たかったので、あえて選択しました。でも、いざ入社後、一緒に働く人たちの多数のスタッフが10年~15年ほど勤務しているというのです。派遣であってもすぐに辞められるワケではないと、悩みが増えました。
  • 薬剤師転職|転職サイトおよび転職エージェントを用いて、転職活動される人は今では普通になってきました。

  • 転職サイトや転職エージェントを利用して、転職活動することは今では当たり前のことです。さらに、より転職の可能性を高めたいなら、並行して転職フェアを利用してみるのもありだと思います。転職フェアは、多くの企業は一堂に会しており、参加したのならいろんな企業の情報を得ることができ、加えて、説明担当の企業スタッフから、その企業の社風についてある程度は知ることができます。今後、転職フェアに行く際には、面接を受けにいくつもりで自分をアピールする準備をしておきましょう。その結果フェアの中で、企業側から良い人材と見なされれば、後に実際の面接時にかなり有利になると期待できます。
  • 転職のため仕事探しをするときに注意が必要な求人の募集内容…

  • 就職活動する場合に特に注意したほうがよい求人は、そこまできつくなさそうな仕事なのに給料がよく、拘束時間が長いものです。このような募集の場合、記載されている給料に『みなし残業代』が含まれているケースがたいへん多いのです。みなし残業代は、通称『みなし』とも表記し、30時間、45時間という風に求人の内容に時間の併記があるはずです。これは、毎月これだけの残業が発生する可能性があるので、あらかじめ給料形態に残業代を入れて計算しておくというシステムになります。(この仕組みは合法です)例えば『みなし残業代30時間込』という表記は「記載時間分の残業代を含めると、これだけの給料になります」という求人になるわけです。が、悪質な求人情報では記載しておくべき『みなし』をわざと記載していない場合もあるので、注意をしておきましょう。