転職活動における最後に残る厄介な問題として、現在勤めている会社の退職があります。

薬剤師転職|転職活動を行う際の最後の難問として、今勤めている企業からの退職があります。

転職活動をする上での最後の問題として、「現職の退職」があげられるのではないでしょうか。転職先の企業から採用の内定をゲットしたとしても、現在勤務中の会社が退職を慰留することも少なくありません。仮にそうなったとしても、何があっても退職する、という強固な意思を保つことが大切です。仮に会社に残るように説得されて、一時は思いとどまったとしても、一度辞めたいと思った会社には、やがて愛着もなくなってきます。退職をスムーズに行うためには、まず会社の規定をチェックしておき、退職までに必要となる日数を超過する年月以降の退職日設定と退職届を用意しましょう。そのあとで、決定権のある上司と相談し、退職を撤回する考えはありませんと、遠慮せずに伝えます。「円満退社」で今の職場とお別れすることも一つの転職活動です。

今のあなたの仕事や業務に関して、何かしらの不満点があるはずです。

現在の自らの職場や仕事内容に対して、大半の人は、何かしらの不満を感じているでしょう。「自身の能力(スキル)をきちんと評価してくれない」だから、「月給は平行線だし、出世の見込みもない」といった不満が多くを占めるでしょう。とはいうものの、そんな風に感じている人の中には、自分自身の本来の才能を過剰評価し過ぎていないか、再確認することが不可欠です。万が一、自分を過大評価していることに気が付いていない人が転職活動をした場合、「自分を生かせる企業や職種がない」と中々転職先が見つからないおそれがあるので、要注意です。という事態に陥りがちです。転職をスムーズに行うためにも、自分の能力を客観的に分析することからはじめて見てください。

知っている人の紹介で転職する先を探すこともあるでしょう。

人からの紹介を通じて転職先を見つける人もいます。…が、転職先の労働環境、その他の労働条件といったポイントを友人知人からの口コミ情報のみで鵜呑みに判断するのはあとでトラブルになることが多いです。どうしても個人の口コミ情報というものはその人の主観に基づいているからです。友人にとって、居心地の良い職場に映っても、自分には、ストレスだらけの環境、、、という可能性かもしれません。その逆も然りです。ということで、職場環境については口コミだけに頼らずに、しっかり自分の目で確かめておくことも大切です。

今日では、「ブラック企業」が社会的な問題として認知されてきたこともあ・・

最近は、「ブラック企業」に厳しい目が向けられるようになり、労働条件に対する取り締まりが強くなったり、会社名が公開されたりと不利益を被る流れができてきましたが、完全には程遠いと考えられます。なので、事前に面接で「ブラック企業」かどうかを見破れる方法があるので覚えておきましょう。とりあえず、求人票等に書かれている労働条件を覚えておき、怪しい点について質問をぶつけていきましょう。「ブラック企業」と対峙している場合には、質問したことが嘘であった場合、不自然な返答になったり、回答を避けるなど逃げようとすることが多いです。とりわけ「給与」「残業」「休日」については、詳細について聞くと、渋い表情を見せるケースが多くあります。それでもしつこく聞くとふてくされたような態度を見せ始めるため、そこで「この会社は信用に値しない」と確信できます。この手の会社は、約束を履行してもらえないばかりか、入社後もふてぶてしい態度を繰り返される可能性が高いので、その会社は選択肢から除外しておきましょう。