転職活動における最後の壁として、「現在勤めている企業をいかにして辞めるか」という問題があります。

転職活動を行う際の最後にクリアしなければいけない難問とし…

転職活動における最後に残る壁として、「現在勤めている会社をいかにして辞めるか」という問題があります。転職がうまくいったとしても、現職の企業が退職を慰留しようとするかもしれません。もしそうなってしまったら、困難に負けずに退職する、という強い意思を維持することが大切でしょう。もしも引き留められて、一時的に収まったとしても、一度辞めたいと思った会社には、最終的には愛着もなくなってきます。会社の規定を良く調べ、退職に必要な日数を超過する年月以降の退職日設定と、退職届を用意しましょう。そのあとに、決定権を持つ上司と直接、話し合い、「退職に関しての交渉はご遠慮ください」と遠慮せずに伝えます。「円満退社」でこれまでのキャリアに別れを告げるのも転職活動において大切なポイントになってきます。

薬剤師転職|今現在の自身の職場や仕事内容に対して、何かしらの不満に思うことがあるはずです。

今のあなたの職場や業務内容に対して、不服に思っていることの中に、「自身の持っているスキル・能力が適正に評価されていない」ゆえに、「賃金はアップしないし、レベルアップの見込みもない」といった点を挙げる人が少なくありません。とはいえ、そういった悩みを持っている人の中には、自らの持っている実力を実際よりも過大評価してないか、再確認する必要があります。万が一、そのような人が転職活動をした場合、「自分が活躍できる企業や職種なんてない」と転職活動がうまくいかないと言う事に陥りがちです。という事態を招きかねません。そういうわけで再就職をスムーズに行うためには、本来の自分のキャパシティを冷静に客観視することから始めてみましょう。

薬剤師転職|人からの紹介によって転職する先を探すこともあるでしょう。

知っている人による紹介で転職する先を見つけている最中の人もいるでしょう。…が、転職の先の労働環境や労働条件といったポイントを紹介者の口コミを過剰に信じるとあまり面倒なことになることが多いです。当然ながら、個人の口コミというのは、どうしても伝える側の主観が入ってしまうからです。友人・知人から見たら居心地の良い働く場所だとしても、あなたの主観で見た場合、ストレスフルな環境かもしれません。でもその逆も然りです。なので、職場環境をはじめ、気になる点は口コミを過剰に信用しないように、最後は自分自身の目でしっかりチェックしてみてください。

薬剤師転職|最近は、ブラック企業などと騒がれるようになり、労働条件に対する取り締まり強化が実施された・・

現在、ブラック企業がメディアで注目されたりして、労働条件に対する取り締まりが強くなったり、悪質な会社が公開されたりするなど、損をする流れになってきましたが、完璧とは言い難いです。だから、面接で見破る必要が生じます。とにかく、求人票に書かれている労働条件に目を通し、それぞれの項目についていろいろと質問してみることです。相手が「ブラック企業」だった場合、質問したことが嘘であった場合、不自然な返答になったり、あるいは、その場で答えられなかったりはぐらかしをしてくるはずです。中でも「休日」「残業」「給与」に関しては、質問責めすると、渋い表情を見せることが多いです。それでも迫ると、ブラック企業によくある威圧的な態度や、ふてくされたような態度を見せはじめるので、ブラック企業だということに気づきます。このような会社は入社してからもこのような態度であることが多いので、「何か引っかかる」と思ったなら、見抜いた方が後々いいと思います。