転職活動をする上での最後に残る厄介な問題として、今の会社の退職があります。

転職活動をする上での最後の壁として、今勤めている企業からの退職があげられます。

  • 転職活動をする際の最後に残る難関として、「現在勤めている会社をいかにして辞めるか」ということがあげられます。転職先がOKしても、現在働いている会社があなたを手放したくないとして引き留めるというのもよくある話です。そうなってしまった場合、絶対に退職をあきらめない、という強い信念を維持することが大事といえます。たとえ引き留められて、一時は思いとどまったとしても、一度辞めたい、と思った会社は、結局は長続きしないでしょう。会社の規定をチェックし、退職までに必要な日数を超過する年月以降の退職日設定と、退職届を用意しましょう。そのあとに、決定権を持つ上司と談判し、「退職にあたって、いかなる交渉も受け付けません」と毅然とした態度でのぞみましょう。「円満退社」で現職を終えることも転職活動において大切な要素となってきます。

  • 今の自分の仕事や職場に関して、大半の人は、少なからず何かしらの不満を感じているでしょう。

  • 今現在の職場・仕事内容についてほとんどの人は何かしらの不満点を感じているでしょう。「自分の持っているスキル・能力が真面目に評価してくれない」さらには、「給料は上がらないし、将来出世する見込みもない」といった不満が多いように見受けられます。でも、そんな人の中には、自分の力量を「過大評価」してないか、再確認する必要があります。仮に、そのような人が転職活動をした場合、「この求人では、自分を活かせない」と転職がうまくいかないことになりかねません。という事態を招く可能性があります。なので再就職で成果をだすためには、「本来の自分のスキルや能力」を客観的に見つめることが大切です。

  • 友人からの紹介によって転職先を見つけている最中の人もいるでしょう。

  • 知人による紹介で転職を叶えようとしている人もいるでしょう。そうはいってもその職場の労働環境、その他の労働条件といったポイントを知人からの口コミ情報を信用しすぎると後々面倒なことになるかもしれません。口コミの中でも一人の個人の口コミは客観的な要素が排除されやすく、客観性に乏しくなります。要するに紹介者にとって、ベストな職場環境に思えても、、自分の価値観に照らし合わせたときには、ストレスフルな環境だってあるのです。その逆も然りです。なので、職場環境をはじめ、気になる点は口コミを過剰に信用しないように、しっかり自身の目でしっかり確認しておきましょう。

  • 現在、「ブラック企業」に厳しい世間の目が向けられるようになり・・

  • 現在、ブラック企業などと騒がれるようになり、労働条件に関する取り締まりが強化されたり、悪質な会社が公開されたりするなど、厳罰に処せられる傾向にありますが、パーフェクトとは言い難いのが現状です。それゆえ、面接で見破る必要があります。ともかく、求人票などに記載されている労働条件を見ておき、それらを使ってあれこれ質問してみましょう。「ブラック企業」が相手の場合、求人票の記載が嘘の場合、返答が曖昧になったり、その場では答えられないなど逃げようとします。「給与」「残業」「休日」においては、質問を続けていく中で、渋い表情を見せるケースが多くあります。それでも質問を続けると、ふてくされたような態度を見せはじめるので、ブラック企業だと見破ることができます。この手の会社は、約束を履行してもらえないばかりか、入社後もふてぶてしい態度を繰り返される可能性が高いので、「何か引っかかる」と思ったなら、他の面接を受けたほうが良いと思います。