転職活動をする際の最後の難関として、現在勤めている会社の退職があげられます。

薬剤師転職|転職活動をする際の最後に残る難関として、現在勤務している会社の退職があります。

  • 転職活動をする際の最後にクリアしなければいけない難問として、今勤めている会社の退職があります。転職先から採用の内定を得ても、今いる会社があなたを放出したくないとして引き留めるというのもありがちなケースです。仮にそうなったとしても、負けることなく退職する、という強固な気持ちを維持することが重要です。会社に残るように説得されて、残ったとしても一度辞めたいと思った会社は、最終的には辞めることになるでしょう。退職を効率的に行うには、会社の規定に目を通しておき、退職までに必要となる日数を超過する年月以降で退職日を決め、退職届を用意します。そのあとに、決定権を持っている上司と直接話をし、「退職に関する交渉は、一切拒否します」とはっきり伝えます。円満退社という形をとることも転職活動の重要なポイントです。

  • 今現在の自らの仕事や業務に関して、ほとんどの人は不満を感じていると思います。

  • 今の自身の職場や業務の中身について何かしらの不満点があるはずです。「自分の能力(スキル)を真摯に評価してもらえない」あるいは、「給料は上がらないし、将来的な出世も期待できない」といった内容が多くを占めると思います。とはいうものの、そんな人の中には、自身の本来の技量を実際よりも「過大評価」しているケースが少なくありません。自分を過剰評価していることに気が付いていない人が転職しようとすると、「この企業や職種では、自分を活かせない」と転職するまでの空白がながくなるおそれがあるので、要注意です。という事態に陥りがちです。そういうわけで転職で良い成果をあげるためにも、「本来の自分の能力」を知る事が大切です。

  • 友人の紹介をキッカケにして転職先を探すこともあるでしょう。

  • 友人からの紹介を通じて転職先を探す人もいるでしょう。そうはいってもそこでの労働環境や、労働条件といった点に関して知っている人からの口コミをあまり信じすぎてしまうのは、あまり問題になることが多いです。というのはそういう口コミ情報というものは客観性に乏しいからです。要するに友人・知人にしたら良い働く場所だとしても、自身には、イマイチな可能性もあります。でもその逆も然りです。なので、職場環境をはじめ、気になる点は口コミだけで判断せず、自分自身の目でチェックしておくようにしましょう。

  • 現代では、ブラック企業などと騒がれるようになり、労働条件関係の取り締まりが強くなった・・

  • 現在、「ブラック企業」が社会的な問題として認知されてきたこともあり、労働条件違反の取り締まりが強くなったり、悪質な会社が公表されるなど、厳罰化の動きが活発になっていますが、完全には程遠いと考えられます。それゆえ、面接で見破る必要が出てきます。はじめに、求人票等に書かれている労働条件を覚えておき、それらを使っていろいろと質問してみることです。「ブラック企業」と対峙している場合には、求人票の記載が嘘の場合、明確な返答ができなかったり、「その場ではハッキリとは答えられない」と逃げ腰になります。特に「給与」「残業」「休日」の3つについては、詳細について聞くと、渋い顔をすることが多くあります。それでも迫ると、ブラック企業によくある高圧的な態度や、ふてくされたかのような態度を見せるので、そこで相手のウソを確信できます。この手の会社は、募集要項無視し、入社後もふてぶてしい態度を見せることが多いため、この手の会社は、募集要項を守らない上に、入社してもふてぶてしい態度を頻繁に見せる可能性が高いので、「何か引っかかる」と思ったなら、その会社は選択肢から除外しておきましょう。