転職活動を行う上での最後の問題として、「今勤務している会社をいかにして辞めるか」ということがあげられます。

薬剤師転職|転職活動を行う際の最後の難関として、今の会社の退職があります。

  • 転職活動を行う上での最後にクリアしなければいけない難問として、現在勤務している会社の退職があります。転職がうまくいっても、現在働いている企業があなたを手放したくないとして慰留するというのもよくあるケースです。そうなってしまった場合、負けることなく退職する、という強固な気持ちを維持することが重要です。仮に引き留められて、一時的に収まったとしても、一時辞めたいと思った会社は、遅かれ早かれ関係が終わることになります。退職を成功させるには、まずは会社の規定に目を通し、退職までに必要な日数を超過する年月以降の退職日設定と、退職届を作成しておきましょう。そして、決定権のある上司と談判し、「退職に関する交渉は、一切拒否します」とハッキリと伝えましょう。「円満退社」でこれまでのキャリアに別れを告げるのも転職活動を成功させるためには必須です。
  • 今の自身の勤め先や仕事に対する不満の中に、「自分のスキルや仕事での能…

  • 今現在の自分の職場や業務について何かしらの不満を感じることがあるはずです。「自分のスキルや能力を正確に評価されていない」さらに、「賃金は上がらないし、将来的な昇格も期待できない」といった不満が多数を占めます。けれど、上記のような不満を持っている人のなかには自らの実力を実際よりも過剰評価しているケースが少なくありません。仮に、過剰評価していることに気が付いていない人が転職活動をした場合、「自分が活躍できる企業や職種なんてない」と転職の空白期間が長くなる可能性が高くなってしまいます。可能性も少なくありません。そういうわけで再就職で良い成果をあげるためにも、自分の能力を厳しく、客観視していくことから始めてみましょう。
  • 薬剤師転職|人の紹介で転職の先を見付ける人がいます。

  • 人による紹介で転職する先を探す人もいるでしょう。しかし、転職をした先の労働環境、労働条件といったポイントを知人からの口コミだけを判断してしまうとあとで面倒なことになることが多いです。そういうわけは個人の口コミというのは、主観が入ってしまうからです。つまり知人にとっては、働きやすい職場環境だったとしても、あなたにとってはイライラするだけの環境なのかもしれません。またその逆も然りです。ですので職場環境をはじめ、気になる箇所は口コミを過剰に信用しないように、最終的には自分の目でしっかりチェックしてみてください。
  • 薬剤師転職|現在、「ブラック企業」に厳しい世間の目が向けられるようになり・・

  • 近時は、ブラック企業がマスコミで注目されたりして、労働条件関係の取り締まりが強くなったり、悪質な企業は公表されたりと、厳罰を与える傾向にありますが、まだまだ不完全です。そこで、面接で見破る必要があります。最初に、求人票等に書かれている労働条件を覚えておき、それらの項目ひとつひとつについていろいろと質問してみることです。「ブラック企業」と対峙している場合には、記載内容がウソだったときに、返答が詰まります。「その場でははっきり答えられない」と逃げようとすることが多いです。特に「給与」「残業」「休日」については、詳しく聞いていくと、困った表情を見せる可能性大です。それでもしつこく聞くとブラック企業特有の高圧的な態度や、ふてくされたような態度を見せ始めるため、化けの皮が剥がれるようになります。このような会社は、嘘をつく体質であると考えられるので、変だと思ったら、他の会社をあたったほうが良いと思います。