転職活動を行う際の最後の問題として、現職の退職があります。

転職活動の最後の難問として、今勤めている会社の退職があげられます。

  • 転職活動を行う際の最後にクリアしなければいけない問題として、「現在勤めている企業をいかにして辞めるか」ということがあげられます。転職先から採用の内定をゲットしたとしても、現在働いている会社が退職を慰留するというのもよくあることです。そのような場合は、障害を乗り越えて退職する、という強い信念を維持することが大事といえます。たとえ引き留められて留まった人でも、一度辞めたいと思った会社は、結局は辞めることになるでしょう。退職を効率的に行うには、会社の規定に目を通しておき、退職の要件を満たす、日数を超過する年月以降の退職日設定に加え、退職届を書いておきます。その後、決定権を持つ上司と直接話し、退職を考え直すことは絶対にありませんと、ハッキリと伝えましょう。「円満退社」でこれまでのキャリアに別れを告げるのも一つの転職活動です。
  • 今現在の自らの職場や業務の中身について何かしらの不満があるはずです。

  • 今現在のあなたの勤め先や仕事に対する何かしらの不満点があるはずです。「自身の持っているスキル・能力が誠実に評価してもらえない」または、「報酬はアップしないし、昇格の見込みもない」といった点が多くを占めるでしょう。とはいうものの、気持ちは理解できます。しかし、そういった不満を持っている人の中には自分の才能を過大評価してないか、再確認する必要があります。万が一、そのような人が転職活動をした場合、「この求人では、自分を活かせない」と中々就職先が決まらない可能性が高くなってしまいます。可能性があるので、注意しなくてはいけません。転職活動に当たっては自分のスキルや能力を把握することが大切です。
  • 知人からの紹介によって転職先を見付ける人がいます。

  • 知っている人からの紹介によって転職先を見つける人もいます。それも悪いとはいわないけどその場の労働環境、それに労働時間などの大切な部分を友人知人の口コミをあんまり信用しすぎると面倒なことになることが多いです。どうしてもそういう口コミは主観的な色合いが強く、客観性に乏しいためです。つまり知人にしたらかなり良い職場に思えても、、あなたにとってはまったくそう思えない可能性があります。またその逆も然りです。なので、職場環境をはじめ、気になる点は口コミだけで判断せず、しっかり自身の目でしっかりチェックしてみてください。
  • 今日では、ブラック企業がマスコミで取り上げられたりして…

  • 今日では、「ブラック企業」に厳しい世間の目が向けられるようになり、労働条件に関する取り締まりが厳しくなったり、悪質な会社が公表されたりするなど、損をする流れになってきましたが、まだまだ完璧ではないのが現状です。なので、面接時に「ブラック企業」かどうかを自身で確認してみましょう。最初に、求人票などに記載された労働条件に目を通して、それらを使って細かく質問してみましょう。ブラック企業であれば、質問したことが嘘であった場合、答え方が不自然になったり、あるいは、その場で答えられなかったりはぐらかされるはずです。「休日」「給与」「残業」では、質問責めすると、渋い表情を見せる場合が多いです。それでもめげずに尋ねていくと、ブラック企業によくある威圧的な態度や、ふてくされるような態度になるのでそこでようやく相手のウソを確信できます。この手の会社は、募集要項を遵守してくれない上に、入社後もふてぶてしい態度でいることが多いため、他の面接を受けたほうが良いと思います。