転職活動を行う際の最後の難問として、今の仕事を辞めることがあります。

転職活動をする際の最後に残る厄介な難問として、現在勤めている企業からの退職があげられます。

  • 転職活動における最後に残る厄介な難問として、「現職の退職」があげられると思います。転職先の会社が決定したとしても、今いる企業が、あなたを離したくないと引き留めることも少なくありません。そういったケースでは、何としても退職する、という強固な気持ちをもつことが必要といえます。引き留められて、一時的に収まったとしても、一度辞めたいと思った会社は、結局は辞めることになるでしょう。退職を効率的に行うには、会社の規定に目を通しておき、退職までに必要な日数を超過する年月以降に退職日を定め、退職届を記入しておきましょう。その後、決定権を持つ上司と面と向かって話し合い、「退職に関しての交渉はご遠慮ください」とキッパリと伝えましょう。「円満退社」をすることも一つの転職活動です。
  • 今現在の自らの勤め先や仕事に対する不満の中に、「自分の持っているスキルや仕事での能…

  • 現在の自らの職場や仕事の中身について何かしらの不満を感じることがあるはずです。「自身のスキルや仕事での能力を真面目に評価してくれない」さらには、「給料アップもないし、レベルアップも出来ない」といった内容が多いように見受けられます。けれど、上記のような悩みを持っている人のなかには自らの力量を「過大評価」してはいないか、改めて確認することが不可欠です。仮に、自分を過剰評価していることに気が付いていない人が転職活動をした場合、「自分を生かせる求人がない」と仕事をしないブランク期間が長引くおそれがあるので、要注意です。経済的に生活困難になってしまう危険性もあります。再就職で成果を上げるためには、本来の自分のキャパシティを厳しく、客観視していくことから始めてみましょう。
  • 友人や知人の紹介で転職の先を見付ける人がいます。

  • 友人の紹介をキッカケにして転職を叶えようとしている人もいるでしょう。しかし、そこでの労働環境や、その他の労働条件に関する情報について、知人の口コミを判断してしまうとあまり問題になるかもしれません。そういうわけはそういう口コミというのは、主観が入ってしまうからです。つまり紹介した人にとって、働きやすい職場に思えても、、自分自身にとってはイマイチな可能性かもしれません。なので、職場環境をはじめ、気になる点は口コミだけに頼らずに、最後は自分の目でしっかりチェックしてみてください。
  • 近時は、「ブラック企業」に厳しい目が向けられるようになり…

  • 現在、ブラック企業がニュースで取り上げられたりして、労働条件違反の取り締まりが強化されたり、悪質な企業は公表されたりと、損をする仕組みができてきましたが、完全には程遠いといえます。実は、面接で見破る方法があります。ともかく、求人票等に書かれている労働条件を覚えておき、不安に思う項目について遠慮せずに質問してみることです。相手が「ブラック企業」だった場合、記載内容がウソだったときに、返答が詰まります。その場では答えられないなど逃げ腰になることが多いです。「給与」「休日」「残業」の箇所については、詳細について聞くと、渋い表情を見せる場合が多くあります。それでも食らいつくと、ブラック企業によくある威圧的な態度や、ふてくされるような態度になるのでそこで相手のウソを確信できます。このような会社は、嘘をつく体質であると考えられるので、少しでもおかしいと感じたら、別の会社を面接しておいた方が良いでしょう。