転職活動を開始するとき、様々な方法で情報を収集するのが通常だと思いますが、…

薬剤師転職|転職を始める際、様々な手段で情報を集めることが多いと思います…

  • 転職を行う場合、様々な手段で情報を収集するのが通常だと思いますが、転職系の口コミサイトは本当に役に立ちます。過去に、会社に不都合な内容の口コミが掲載されたという理由から、運営サイト側に損害賠償請求を起こした事例もありました。会社の都合で退社させられた元社員の腹いせとしてその種の口コミが投稿されていると見るのが一般的ですが、異なる角度から見れば、口コミの内容が嘘であれば、会社としては放っておけばいいようにも思えます。しかし、真実はクロで「本当のことが書かれているので、急いで火消しをしよう」と考えている可能性もあります。「口コミサイト」も囃し立てることでアクセス数が増えるメリットもあるので黙認している側面もあるのですが、好ましくない内容の口コミが目立つのは、その分、入社してから不利益になる覚悟をしなければいけないと見て良いでしょう。人もそうですが、本当に善良な企業であれば煙は立ちませんから。

  • 薬剤師転職|雇用中は可能なかぎり会社内の人に悟られないよう、(自身の例で…

  • 在職期間中は、可能であれば、周囲にバレないように(自身のときは)就労期間中に転職したいという意図のみを早期に同僚に話してみました。でも、その後に求人を散々探していたのですが、結局就職先も転職するタイミングさえも計画も立てずに進めていたので、時間がムダになるだけでした。そしてその傍ら、会社の側は、退職に関わる手続き、自身の退職日などが確定していき、その結果、「退職予定日に合う形で、就職先を見付ける」という、お粗末な状況で会社を去ることになりました。ですが実際には内定をもらったその会社を蹴り、失業期間を経て次の就職先を見付けなくてはなりませんでした。

  • 薬剤師転職|再就職先を探している間は、知らず知らずのうちに時間がある・・

  • 転職先を探している間は、知らず知らずのうちに時間に余裕がある分、気が緩んでしまい、だれた生活を送ってしまいがちです。でも、そんな風な生活に慣れてしまうのは危険です。というのは、気の緩んだ、ダラけた生活を習慣化してしまうと、肉体的にだけでなく、「精神的」も不健全な状態になるからです。なので、いつの間にか仕事をしようとする意欲がなくなり、経済的に困ってしまうかもしれません。そうすると、悪いサイクルがさらにつづき、次の仕事が決められません。次の仕事が決められなくなるのは、もらえるお金を第一に考えてしまうためです。お金を最優先事項に転職先を探すことになるとやりたかった仕事を求めて転職に踏み出したとしても結果はあまりいいものとは言えません。ですので、お金に縛られないように暮らしていくためにダラケタ生活は、(転職活動中には)不必要です。

  • 薬剤師転職|今ある自分のスキルや資格を活かして転職活動をしようと考えているのな…

  • 自身のスキルを有効活用しつつ、転職活動する場合、比較的、再就職しやすい業種とそのスキルが不必要な、転職が難しい業界がある事を事前に知っておきましょう。転職が容易な業界としては、人手不足が問題視されている「医療・介護」の分野が代表例といえます。医療・介護の職種では看護師や介護士の「資格」が必須なため、誰もが簡単に応募できない事も大きく影響しています。今、医療や介護の現場で働いている人が、仕事がきついからと異業種に転職したいと思っているなら、すこし踏みとどまった方が良いです。「医療」「介護」以外のスタッフの流動性は少なくなります。ですので、安易に考えないことが大切です。転職を希望するなら、ほかの分野の仕事では医療や介護系の業界みたいな売り手市場とはいかないと、気をつけましょう。