転職活動を開始するとき、様々な経路で情報を集めるのが通常だと思います…

転職活動を行うとき、様々な手段で情報を収集するのが通常だと思います・・

  • 転職する場合、様々な経路で情報を集めるのが通常だと思いますが、転職に関する口コミサイトはとても有益です。少し前に、悪い口コミをサイトに載せられたと言って運営サイト側に損害賠償請求を起こしたケースもありました。会社の都合で退社させられた元社員の腹いせでそのような口コミが投稿されていたという見方が一般的ですが、別の見方をすると、口コミの内容が真実でなければ、書かれた会社側が気にする必要もないはずです。あるいは、現実は『クロ』で「周囲に気づかれたら恥になるから、急いで火消しをしよう」と考えているのかもしれません。「口コミサイト」も囃し立てることでアクセス数が増えたり、サイトを注目してもらえるチャンスがあるので黙認していますが、悪い内容の口コミがかなり多いということは、その分入社してからトラブルに遭遇する心配のあると思っていいでしょう。何より、良い会社にはトラブルは起こりませんから。
  • 薬剤師転職|就労中はできたら、バレないよう(私の場合)雇用中に転・・

  • 在職中は可能であれば、気づかれないように、(自身のときは)雇用期間中に転社の意思表示だけを早い段階で同僚に言ってみたことがありました。けど、その後求人情報を色々と探してみたものの、結局は転職先や転職するタイミングさえも無計画なまま決まらずズルズル時間が過ぎてしまいました。一方、社内では業務の引き継ぎや手続き、自らの退職の日程などが確定していき、そして最終的には、「退職予定日に合わせて就職先を決める」という、お粗末な状況で会社を去ることになりました。予定は噛み合うこともなく、失業期間を経験したのち、次の就職先を見付けなくてはなりませんでした。
  • 薬剤師転職|転職先を探している間は、そういう風にしたいわけではない・・

  • 再就職先を探している間は、そういう風にしたいわけではないのに時間が有り余っている分、だらけてしまいがちです。けれども、そういった生活をするのはお勧めできません。言うまでもなく、だらけた生活をしていると、肉体的にだけでなく、心もダラケテしまうからです。なので、いつの間にか働く意欲がなくなり、お金が回らなくなって困る事態となりかねません。そうなると、すべてが悪い方向に進んでしまい、転職先が決められません。次の仕事をハッキリ決められないのは、給料を最優先に考えてしまうためです。給料を第一に考えざるを得ない状況では仕事内容を重視して転職を決意していたとしても結果はあまりいいものとは言えません。なので、お金に縛られない生活を続けるためにも、ダラケタ生活は、(転職活動中には)不必要です。
  • 薬剤師転職|今あるスキルや資格を活用しながら転職活動をしようと考えているのな・・

  • 今あるスキルを活かして転職活動をしていく場合、比較的、そのスキルがプラスになる転職しやすい職種とそうではない業界がある事を理解しておいてください。すんなりと転職がかなう業種としては、人手不足が問題視されている「医療・介護」系が代表でしょう。医療や介護の業種では看護師、介護士の「資格」が必須であるため、ハードルが高めなのも転職しやすさに起因しています。しかし、今「医療・介護」の仕事に従事していて、様々な理由により、他の業界へ転職したいと思っているのなら、簡単に決めてしまわないほうが無難です。「医療」「介護」ではない業界は、働き手の流動性は少ないもの、と理解しておきましょう。ですから、安易に考えない事が必要です。転職を実際に行う際は、他の業界では「医療」「介護」の仕事探しよりも厳しいものとなることを気をつけましょう。