長いこと接客業で勤め続けてきましたが、年齢を重ねるにつれ…

長い間接客関係で務めていたのですが、加齢のせいか立ったままの仕事…

長期間接客関係で仕事をしてきましたが、歳をとるにつれて立ち続ける必要のある仕事は体力的にきつく、座って仕事を続けられるオフィスワークへ仕事を変えることを考えて動きました。事務未経験となるとわりと厳しくて、そうであれば接客業の経験も活かすことができる受付兼医療事務を目指そうと考え資格も獲得して個人の医院に転職をしました。周りはベテランのパートさんだらけで人間関係においても難しい。夜間のシフトばかり押し付けられ、接客業をしていた頃よりも帰宅時間も遅いわけですが、とりあえずはキャリアを形成しておかなければいけないと観念して頑張ります。

転職活動をするにあたっては、履歴書と職務経歴書が大事です。

転職活動の際には「履歴書」「職務経歴書」が必要となります。会社の大半は履歴書と職務経歴書の記載内容を考慮して面接するかどうかを決めるため、なによりもこの2枚の書類の作成が大切なポイントになってきます。単に穴を埋めるだけにとどまらす、記載内容が魅力的であることも重要です。職務経歴書は、これまでの職務の詳細と、自己アピールとなる内容をできる限り書き出しましょう。また、現在の職務で挙げた実績を、たとえば売上を過去○年の平均を△パーセントアップさせた、などわかりやすく記しましょう。作成の方仕方がイマイチわからあい場合は、「転職エージェント」に職務経歴書の推敲を手伝ってもらい、上手な言い回しのヒントを聞いたりしましょう。自分の価値が高まるように、活用をはかることもよい転職をするための選択肢として考えておきましょう。

新しい職を探す際、インターネット上で就職を斡旋してくれる業者(エージェント・・

新しい職を探すとき、インターネットでのエージェント要するに斡旋を行う会社が存在しますが、たとえその種のところに登録し、めでたく新しい仕事を見つけることができたとしても、失業保険の給付を受け取ることはできないので要注意です。失業保険は、「ハローワーク」できちんと手続きしないと失業保険は給付されないので気をつける必要があります。これに対し、ハローワークにより斡旋してもらった会社に就職できたときは、就職の準備金として「一時金」を受け取れることになります。インターネット上の斡旋業者(エージェント)は、公的機関ではありません。ただ彼らは、企業から「紹介料」を受け取るのみで、失業保険の手続きについては、ビジネスの対象外となります。このようなことを知らない場合は、失業中にお金が手に入らなくなるため、就職エージェントを利用する際は、気をつけておきましょう。

来週からでも転職活動を予定しているのなら、今の業務や・・

転職活動をするに当たっては、現状の職場・業務の何に不満があるのかを明確にしておいた方が良いです。これは当然できていると思われますが、意外とそうでもないのです。転職しようと思っているはずです。しかし「現在の人間関係などの客観的にみた不満を明確化する」ことが出来ている人は少ないものです。自身の不満を客観的に見える状態にしておくと転職選びでのミスを防げます。そして、仮に転職した場合、「現在の仕事よりもマイナスになりそうなこと」を明確にイメージしてみましょう。転職できたとしても、現状の問題が全て改善するとは限りません。しかし、デメリットを受け入れる気持ちの整理があれば、転職後の急激なモチベーションの低下は防ぐことができるでしょう。