長い間接客関係で仕事を続けてきましたが、歳をとるにつ・・

薬剤師転職|長期間接客業で働いていたのですが、加齢が原因か立ち続ける必要のある仕事…

長年にわたり接客関係で働いてきましたが、加齢のせいか立ち仕事は体力的につらく、座って仕事ができるオフィスワークへ転職することを第一目標として行動にうつりました。事務未経験の場合わりと難しくて、そこで接客業の経験も活かすことができる受付兼医療事務になりたいと思い資格を取得して個人病院に転職をしました。周囲は超ベテランの先輩パートさんだらけで人間関係を築くのに手間がかかる。夜間のシフトばっかりさせられて、接客業で働いていた時よりも帰宅する時間も遅いわけですが、初めの頃はキャリアの形成時期と割り切って頑張ります。

転職活動をする際は、履歴書と職務経歴書を必ず準備しなければいけません。

転職活動をするのなら、履歴書と職務経歴書を準備することが必須となります。大半の企業は、履歴書や職務経歴書に記載されている内容を判断材料にして面接するかどうかを決めるため、ともかくこの2枚の書類の作成が大切といえます。単に文字を書くことにとどまらず、内容が魅力的であることも大切です。「職務経歴書」は、過去の職務の詳細に加え、可能な限り、アピールできる内容を書きましょう。さらに、過去の仕事以外にも、現職で果たした実績なども有効です。例をあげれば残業時間を何時間減らしました、などわかりやすく記しましょう。もしも、作成に行き詰まったのなら、「転職エージェント」に職務経歴書を見てもらい、上手な言い回しのヒントを聞いたりしましょう。自分のブランディングのためにうまく活用することもよい転職をするための一つの手です。

就職活動には、ウェブ上で就職を斡旋してくれる、通称「エージェン・・

就職活動において、インターネット上で就職斡旋してくれる「エージェント」のお世話になるケースもありますが、もしその種の業者に登録して就職先を見つけられたとしても、失業保険を受け取ることはできません。失業保険は、「ハローワーク」できちんと手続きしないと給付してもらえないので注意が必要。これに対し、「ハローワーク」を通じて斡旋された会社に就職した場合は、就業用の準備金として「一時金」を受け取れたりもします。ウェブ上でのエージェントは公的機関では無く、単に転職を斡旋し紹介料と言う形で企業から報酬をもらうだけであり、失業保険の手続きは管轄外です。このことについて押さえていなければ、失業中にお金が手に入らなくなるので、就職エージェントを利用する際は、気をつけておきましょう。

薬剤師転職|いよいよ転職をするのなら、直近の仕事の何に不満があるのか…

いよいよ転職活動しようと思うのなら、今の職場・業務での納得いかない部分、不満に思う部分を洗い出しておく必要があります。これは当然できていると思われますが、意外とできてないです。そもそも不平が限界に達しているから転職しようと思っているはずです。しかし「ちゃんと現状の業務の客観的に考えた不満なことを列挙する」ことをほとんどの人はやっていません。不満点を明確化し、解消されるならば、他の条件が現状より悪化する事をどこまで許容するかも考えましょう。自身の不満を客観的に見える状態にしておくと転職選びに失敗するリスクは減らせます。そのあとに、転職を叶えたとしたら、「どういった事がマイナスになるだろうか」を想像してみましょう。転職できたとしても、転職をしたらすべてが今よりも良くなるとは限らないからです。しかし、デメリットを受け入れる気持ちの整理があれば、転職後の急激なモチベーションの低下は防ぐことができます。