長く接客業で勤め続けてきたのですが、加齢が原因か立って行わなければいけない仕…

長年接客業でお勤めしてきましたが、年齢を重ねるにつれ…

  • 長く接客業で仕事をしてきましたが、年齢を重ねるにつれ座ることのできない仕事は体力的にしんどく、座って仕事を続けられるオフィスワークへ転職することを目指して活動をしました。事務が未経験だと少々難しくて、そうであれば接客の要素もある受付兼医療事務になりたいと資格も合格し個人の病院に転職することができました。ベテランのパートさんばかりに囲まれて人間関係においても難しい。夜間のシフトばかり押し付けられ、接客業時代より帰宅時間が遅くなったのですが、最初の頃はキャリアを形成する時期と思って仕事を続けます。

  • 転職活動の際には履歴書と職務経歴書が必須です。

  • 転職活動する場合、履歴書と職務経歴書が重要です。会社の多くは履歴書や職務経歴書に書かれている内容で面接するかどうかを判断するため、とにかくこの2枚の書類が大事なポイントです。単に記入するだけでなく、内容が充実していることも大事です。「職務経歴書」では、これまでの職務の詳細や、可能な限り自己アピールとなる内容を書きます。また、過去の仕事以外にも、現職で果たした実績なども有効です。部門の残業時間を何%減らしました、など明瞭に記してみましょう。作成の仕方がもうひとつわからない場合は、「転職エージェント」に職務経歴書の添削をしてもらい、うまい言い回しのヒントを得てみましょう。自分のブランディングのために転職エージェントを利用することもよい転職をするための有効な手段だといえます。

  • 転職する際に、ウェブ上で就職斡旋してくれる業者(エージェント…

  • 新しい仕事を探すとき、ネット上で就職を斡旋してくれる業者(エージェント)と呼ばれる業者に頼る方法もありますが、あなたがそのようなエージェントに登録して新しい仕事をゲットできた場合でも、「失業保険」の給付は受けられません。ハローワークを使わずに就業しても給付対象とならないので気をつける必要があります。これと違って、ハローワーク経由で斡旋してもらい、就職できたのなら、就業のための準備金として「一時金」を受け取れたりもします。ウェブ上でのエージェントは公的機関では無く、彼らは,企業サイドから「紹介料」を受け取るだけで、失業保険とは何の関係もありません。このようなことを無視していると、失業中にお金がもらえない事態になるので、気をつけておきましょう。

  • 明日からでも転職やることに当たっては、直近の業務での納得いかない部分、不満に思う部分…

  • 転職を考えているのなら、今の職場での納得いかない部分、不満に思う部分を明確にしておいた方が良いです。できていて当然と思われますが、意外とできてないです。そもそも不平があるからこそ、転職しようと思っているはずです。が、「きちんといまの業務や業務の客観的に考えた問題を列挙する」ことが出来ている人は少ないものです。不満点が明確化できれば、その不満が解消されるなら、他の条件が現状より悪化する事をどこまで許容するかも考えましょう。自分の問題をしっかり見える化しておくと、転職選びでの失敗は大きく減らせます。それを終えたあと、仮に転職した場合、「今の仕事よりも不便になりそうなこと」をしっかり想像してみましょう。転職したとしても、すべての問題が解決するとは限りません。ですが、デメリットとメリットのバランスをあらかじめ理解しておけば転職してからのモチベーションの低下は防ぐことが可能です。