3日ほど前新しい仕事先を探すために人材会社に登録に行きました。

一昨日新しい仕事先を探すために人材紹介会社に登録に足を運びました。

  • 数日前転職のために人材会社へ登録に行きました。そこで登録カウンセリングの時に出てきた担当の人がどうも会社に入って間もない社員のようで、私の説明の半分ほども彼はわかってはいない模様だったのです。おまけに「キャリアデザインを考え直した方がいいですね」とか「もっと強みを明確にしていく必要性があります」とか、カウンセリングの専門家であるかのように横柄にのたまうから非常に不愉快でした。カウンセリングを担当させるのはそれなりにカウンセリングのスキルがある人にしてほしいものです。

  • 薬剤師転職|再就職する場合、然るべき準備は必須です。

  • 転職活動する場合、相応の準備は必要です。一言で準備といってもたくさんありますが、その中でも目に見える「服装」は気にしている人は多いはずです。でも、最近の企業面接では私服が良い企業もあるので、スーツ(正装)で赴く必要がないケースもあります。とくに会社の創立してすぐの会社などは、考え方が柔軟で私服で面接を受けたほうが、良い印象を持ってもらえます。加えて、フランクに話をしやすい、というメリットもあります。また、私服だと面接時に、服装について、話もしやすいですから、もしかしたら面接担当者と打ち解けあえるチャンスがつくれます。ということで、これから転職するのなら、気になる企業の「設立した年」を事前確認し、(ベンチャー系企業の)面接時には私服で勝負してみる、というのもアリかもしれません。

  • 薬剤師転職|転職前、今働いている会社の人たちがあなたの転職を知ってしまうと・・

  • 転職することが、現在の会社の人たちがあなたが退職すると知ってしまうと雰囲気が一変するかもしれません。あなたの置かれている環境によっては、意地悪、やっかみの対象になるおそれがあります。酷い場合には、超過勤務をさせられることもあるので、軽々しく転職のことを周囲に言うのは注意が必要です。上記のようなトラブルを回避するためにも、今の職場では、いたって真面目な態度でいましょう。転職が決まる前と同じ態度でいることで、良い雰囲気をギリギリまで残したまま、晴れやかに仕事を辞められます。加えて、円満退職となったなら、転職後にも、相談にのってもらえるような良好な関係性を持っておくことができます。業種や規模に関係なく、どこの企業も、人とのつながりはとても大切なので、仕事を辞める前のトラブルは、可能な限り控えましょう。

  • 薬剤師転職|転職の際、正社員ではなく「派遣社員」を選択予定の方…

  • 転職する場合、派遣社員という勤務形態を考えている方にぜひチェックしてもらいたい箇所が何点かあります。まず派遣に対して、電話対応、その他雑用等をのような業務をなんとなく考えた人が多々ありますよね。実はかく言う私もそう勘違いしていました。今の会社に入るまでは「派遣社員」の募集に応募したとき、電話応対と聞いていました。派遣会社から伝えてもらっていました。しかし実際に仕事に就くと、「電話対応」に加え、欠員した正社員の穴埋め業務を任されてしまいました。毎回振り回されますし、求人表だけでは、日々困っています。とりあえず、「はやく契約終了日とならないかな」と願うばかりです。