薬剤師転職

現在は、株・不動産投資などといった不労所得、ある…

今では、株や不動産投資等の不労所得で生計を立てたり、個人経営 ・起業といった生き方も増えています。そういった世の中の背景もあり、「会社の下で働く以外は怖い」といった見解も変わりつつあります。高度経済成長の時代には、どう転ぶかわからない株式投資や自営業者よりも組織の一員であるほうが安定性にすぐれ、人が生きていくうえで正しい道として、またそれが決まり切ったことであるかのように社会に認識されていました。
薬剤師転職

薬剤師転職|再就職の際の採用面接では、小企業クラスの場合概ねその社内の「人事」担当者が面接官ですが・・

再就職の際に行われる面接というのは、中小企業だったらおおよそは、そこの会社の「人事」担当者が面接官となりますが、状況によっては、人事以外が担当するかもしれません。実際に仕事をすることになる現場の一番偉い人、言い換えれば部長・課長などの役職の人が面接を担当する可能性も考えられます。
薬剤師転職

このところ私は派遣会社に入っています。

このところ私は派遣で働いています。サイトでなにげなく自分に向いていそうな仕事を発見して確認したところ「そのお仕事はもうすでに他の人が採用されました」と断られて一瞬ウェブサイト上からお仕事の情報がなくなるのですが、翌日になれば再び載っています。それって結局私だとダメってことですよね。
薬剤師転職

求人に関する情報をチェックする場合、例えば、「オフィス系の仕事をしたい」という人ほど…

求人誌をチェックする場合、事務系の仕事が希望だからと、製造業をあまりチェックしていません。そういった人は、「製造業は製造マンの求人募集だけだ」と間違って解釈している場合もあります。製造業の求人であっても現場に出る製造の仕事だけでなく、経理、人事、総務などの従業員募集から、資材、購買、営業管理といった「事務系」に分類される部署もかなりの数あります。
薬剤師転職

薬剤師転職|転職のための面接では注意する点があります。

転職時の面接で担当者から「転職理由を聞かせて頂けますか?」とほぼ質問されます。この時に、いくらあなたが間違っていなくとも、前の職場の「人づきあい」「労働環境」が悪かったという内容は、できれば口にするのは避けるべきです。もしも、そのような不満を口にすると、あなたにマイナスのイメージが付き、チャンスを無駄にしてしまうことになります。
薬剤師転職

新しく就いた仕事で今までに身に付けた資格やキャリアを発揮できれば、…

新しい環境下でそれまでに身に付けた資格やキャリアを活かすことができれば、即戦力として認められ、割と早く仕事場にも馴染めるはずです。人を募集している会社サイドしても、そういった人材は常に欲しがるものですから、タイミングさえあえば、簡単だといえます。しかも、過去の仕事内容と近い仕事内容なら見通しは十分にあります。
薬剤師転職

自分が転職を考えていた時期にいくつかの人材紹介会社に登録していたのですが・・

自分が勤め口を探していたころ割と多くの人材紹介会社に登録していました。その際に思ったこと、それは転職のアドバイザーのレベルに関しても本当に様々で大方は不満を感じる方でした。私にとっては人生の大事な事なことだからもっと真剣に臨んでほしいという考えが高まってしまいました。
薬剤師転職

再就職しようとする時に絶対に書く履歴書は、たいて…

再就職しようとする場合絶対に準備する履歴書は、原則、パソコンを使って作成するのが一般的となっています。日本では履歴書や職務経歴書についてはパソコンによるものではなく自筆で作るのが当然と思われることも多々あるようですが、それは新卒の就職活動やアルバイトやパートの際に準備する履歴書であって、実際には、転職に関しては履歴書や職務経歴書は必ずパソコンで書いたものは駄目とまでは言うことはできません。
薬剤師転職

職場環境が原因で精神的にかなり厳しくなり、転職しなくてはいけない状況に追い込まれたのな…

仕事のために回復が難しいほど心的に苦痛を感じてしまい、職場を変えなくては、という気持ちになったなら、職場の人に相談ではなく身内に話を聞いてもらい会社を辞めるか決めるといいでしょう。なぜそうしたほうが良いかというと、働くのは自分の事でもあります。が、しかし同時に身内の問題でもあります。
薬剤師転職

転職の面接などの場面で名刺を手渡してきたら、同じようにあなたも名刺を…

再就職での面接などの時に担当者に名刺を手渡されとしたら、あなたも相手の方に名刺を差し出す方が良いのか?差し出さなくてよいのか?と迷ったときは、大方は差し出さないもの、と理解しておくと良いですね。面接においては仕事の一部ではなく、職を得るための採用活動内のことです。ですから大方は名刺を交換する場とは違います。