薬剤師転職

一度、現職からの転身を決意したなら、徹底して周りの人…

とらばーゆの意思を固めたのなら、あくまで周りの人にはこっそりとその気持ちがばれないように、活動を進めていき、転身先が決まっていない間は、できれば社内の人間に知られないように平常通りに業務をこなすのがもっともいいです。働いている間、その状態をキープしておくと、もし仮に希望に沿った働き先がうまくいかなくても、転職を延長しながら現職にそのまま続けてもできます。
薬剤師転職

再就職で面接で高確率で聞きだされることが以前勤務していたところを退職し…

転職の面接でおいてほとんどの人が聞かれるのが前に働いていた会社を退職したのはなぜか、という話ですがこのような質問が出た時には話の内容を退職した会社のことにしない方が良いです。退職理由を的に絞り話が進むとどうしてもマイナス要素を伴った話題になってしまうので。
薬剤師転職

薬剤師転職|再就職をする場合、比較的重要となるのが「面接」というものです。

再就職をするときに比較的要となるのが間違いなく「面接」というものです。通常の面接の際は、面接官が応募者に転職の動機などさまざまな内容を尋ねる形になります。そして、一通りの質問と説明が終わると、今度は、転職希望者から、面接担当者へ不安や疑問に思うことを質問できるチャンスがやってきます。
薬剤師転職

転職活動を行う際、いろんな手段で情報を収集するのが通常だと思います・・

転職活動を始めるとき、いろいろ情報を集めることが多いと思いますが、転職についての口コミサイトは本当におすすめです。一時期、会社に不都合な内容の口コミが掲載されたという理由から、運営サイトを相手に、損害賠償請求を起こした事例もありました。会社の都合で退社させられた元社員の腹いせとしてそのような口コミが投稿されていたと見るのが一般的ですが、別の視点から見れば、ウソの書き込みなら、会社側が対処しなくても良いはず、ともいえます。
薬剤師転職

転職活動をする上での最後に残る厄介な問題として、今の会社の退職があります。

転職活動において最後にクリアしなければいけない問題として、「現職の退職」があげられるのではないでしょうか。転職先の企業が採用の内定を出しても、現在勤務している会社があなたを放出したくないとして引き留めるというのもよくあるケースです。そういったケースでは、何としても退職する、という強い気持ちを維持することが必要といえます。
薬剤師転職

薬剤師転職|転職の面接で必要なスーツのカラーについては、新卒の就職活動の…

転職の面接で着るスーツの色合いは、新卒の就職活動の際に準じているカラーが一般的なルールとなっています。つまり、紺色や黒色のダークな感じのカラーになります。それが、再就職であっても、着用していくビジネススーツの色味は新卒の就活の時のようなカラーが圧倒的な数を占めていて、それ以外の色の人はあまり見ることはありません。
薬剤師転職

私たちの社会的環境において、将来的により一層簡単な作…

私たちの社会的環境において、将来的にぐんぐんと思考を必要としない労働は機械に変換されて明らかにマンパワーはどう考えても縮小させられてしまいます。というのも、簡単な労働は人間が作業するよりも機械で作業するほうが数段に能力が高いからです。数を数えたり同一の動作をずっと繰り返すことは機械にとっては何も不自由もありません。当たり前のことながら人と違って泣き言を言わず、疲れないし、不正行為をすることもないし、正確な作業をしてくれますし、均一にこなせます。
薬剤師転職

再就職を目指そうとしても、全部が首尾よく運ぶワケではありません。

仮に転職するにも万事順調に運ぶという確証はありません。可能であれば、どちらにしろ転職をしなくてはならないなら早めに考えておくほうが良いです。普通一般的には、20代の若いあいだは良い展開を期待できますが、残念なことに、30代後半~40代を迎えると転職というのは相当に厳しいといえます。
薬剤師転職

現在は、株・不動産投資などといった不労所得で収入を得た…

近年では、株や不動産投資等の不労所得や独立や起業で頑張っている人も増えています。そういったような世の中の変化に伴い、「自営業は不安定だし危険」といったこれまでの考えも変わりつつあるようです。高度経済成長を遂げている際には、将来的に不安定な個人事業といった稼ぎ方よりも組織の一員であるほうが大いに安定性にすぐれており、人生の正しい進路として、またそれが自然のことのように一般常識化していました。
薬剤師転職

転職時の面接では、中小企業クラスの場合、大体は「人事」が面接担当ですが・・

転職の際の採用面接では、規模の小さい企業クラスの場合おおよそは、その社内の「人事」担当が面接官になりますが、それ以外の場合もあります。実際に今後共に仕事をする作業部署の一番偉い人、一言でいえば部長や課長などの管理職クラスが面接担当になる可能性もあります。とくに営業職や事務職といった部署に転職する場合は、資格を通じた具体的なイメージがないので、なんといっても自分という人物を売り込んでいくようにしたいものです。