薬剤師転職

薬剤師転職

新しく就いた仕事でこれまでに身に付けた資格やキャリアを活用できれば…

新しい勤め先で、それまでに培われてきた能力を発揮できれば、即戦力と見られてすぐ職場内に自分の居場所ができ、人を雇おうとしている会社サイドしても、即戦力となる人材は常に必要なので、時期さえうまくいけば、簡単だといえます。それに加えて以前の仕事と近い仕事なら転職はとても楽となります。
薬剤師転職

薬剤師転職|私が求職中のころかなりたくさんの人材紹介会社に登録していのだが・・

転職を考えていた時期に割とたくさんの人材紹介会社に登録していたことがあります。その際に思ったこと、それは転職アドバイザーのレベルが驚くほど色々あって大方は不満足を感じるアドバイザーばっかりでした。こちらは人生の大事な事なのにもっと気持ちを込めて向き合ってほしいという想いが募りました。
薬剤師転職

薬剤師転職|転職をしようとする時に絶対に書かないといけない履歴書や職務経歴書などに関して・・

再就職する場合絶対に準備しなくてはいけない履歴書や職務経歴書などに関しては、たいてい、パソコンを使って作るのが基本です。日本国内は履歴書はパソコンを使わずペンを使って準備するのが一般的だと捉えられている面もありますけど、それは新卒に関する就活やアルバイトに関してであって、転職のケースは履歴書は必ず手書きでないといけないとまでは言えません。
薬剤師転職

薬剤師転職|仕事のなかで回復が難しいほど心的に苦しくなり、転職せざるを得ない状況に至ったなら、…

職場環境のせいで回復が難しいほど心的な負担が増え、転職しなくてはいけない状況となったなら、そのときは、相談するのは会社でなく身内などの近しい存在の人と話し合い、退職するかどうか判断した方が良いです。どうしてかというと、働くのは自身のことでもありますが、身内の問題ともいえます。
薬剤師転職

薬剤師転職|再就職における面接などに関してもし面接担当者に名刺を渡された場合、…

転職の時の面接などの際に担当者に名刺を渡された時、あなたも同じように名刺を相手に渡す必要があるのかどうかと対応の仕方に迷った際は、ほとんどは差し出さなくても良いと覚えておいてください。転職のための面接というのは仕事の内ではなくて、職を得るための採用活動の一部です。ですからほとんどは名刺をやりとりする時間ではないのです。
薬剤師転職

長期間接客関係で仕事をしてきましたが、歳をとると・・

長年接客関係で仕事を続けてきたのですが、年齢を重ねるにつれ立って行う仕事は体力的にしんどいため、事務系のお仕事へ転職することを目標にして行動しました。事務の経験がないとわりと厳しくて、それなら接客の経験も活かせる受付兼医療事務になろうと資格も獲得し個人医院に転職することができました。
薬剤師転職

昔から”石の上にも3年”という生きていくうえで戒めとなるべき言葉があります。

「石の上にも三年」という生きていくうえで教訓となるべき言葉があります。「終身雇用制度」が過去の物となっている現在、「転職」を経験するのが自然なこと、としてとらえている人が多くなってきています。しかし、「仕事を変えること」が一昔前よりも身近になってきたとはいえ、うかつに仕事を変えようとするのは後々のためにはなりません。
薬剤師転職

転職は、最初の第一歩は希望する企業とのやりとりというよ・・

転職活動では、希望先転職先の会社企業というより、採用担当の面接係員との勝負と言ったほうが正しい気がします。其のためには、先ずは面接の時間になる前に焦らずに対応しましょう。たとえばお見合いのような気分でいる、向かうのも大事でしょう。面接に進むとまずは自分の人間性をチェックされるので悪い印象を与える行動は気をつけてぜったいに控えましょう。
薬剤師転職

仕事を変えると、高い確率でそれまでの会社の仕事での美化されるものです。

仕事を変えた場合には、だいたいの場合は以前の会社の仕事でのほとんどは美化された記憶となります。現在の職に問題点があるから、良い方向に進もうとやっと退職を決め、再就職を決意したはずなのに、時間が過ぎるとともにどういうわけか転職した会社よりも「前の職場のほうがよかった」と思うことは多いです。
薬剤師転職

先日新しい仕事先を探すために人材紹介会社へ登録に向かいました。

先日仕事を探すために人材会社へと登録に向かいました。そのときカウンセリングを行いに出てきた担当者の雰囲気がどうも新入社員らしくて、、私が説明した話の3割も彼はわかっていないようでした。そのうえ「キャリアデザインが物足りないですね」とか「もっと自分の強みを知ることが大切です」等、何もかもわかっているかのように偉そうに言うからとても嫌な気分になりました。