薬剤師転職

薬剤師転職

長く接客業で勤め続けてきたのですが、加齢が原因か立って行わなければいけない仕…

ずっと接客業で働き続けてきましたが、歳をとるにつれ立ち続けるお仕事は体力的に難しくなったため、座って仕事を続けられる事務系のお仕事へ転職することを目指して動きました。事務の経験がないとなかなか採用してもらえず、接客の要素もある受付兼医療事務になろうと資格を取得して個人の医院に転職することができました。
薬剤師転職

古来より「石の上にも三年」という諺がありますが、1998年に派遣法において対象業務が自由化したとと…

昔から”石の上にも3年”という教訓があります。昨今、「終身雇用制度」もなくなりつつある現在、「転職」が身近なものとして捉えている人も多いはずです。ただ、「転職」が当たり前になったからといっても、やたらと仕事を探し、変えてを繰り返すのでは問題です。実際に仕事を変えたいと考えているなら、タイミングを捉える必要があります。
薬剤師転職

薬剤師転職|転職活動は、希望している企業そのものよりも、どちらかと言えば面接係員と・・

スムーズに転職したい時は、希望している企業そのものより、どっちかというと「担当面接官」との勝負ともいえます。希望する企業の面接で良い印象を与えるために、はじめにあまり意識せずに冷静に、焦る気持ちににならないように、素敵な女性とのお見合いのような気分でいる、向かうと問題はありません。
薬剤師転職

薬剤師転職|職を変えると、だいたいの場合は前の仕事は美化された記憶となります。

仕事を変えると、高い確率でそれまでの会社の仕事はほとんどの記憶は美化されます。実際のところ今の職務にダメだからそれを解決するためにどうにか再就職を決めたはずなのに、気付けば不思議なことに新しい会社よりも「前の職場のほうが良いのでは?」と思ってくるのです。それというのは当たり前で、前の職では仕事に慣れ切っていて今よりも苦労なくやるべき業務もあっさりとできていたのも大きい理由ですが、しかし、「転職なんてしないほうが良かった」と心底悔やむほど、前職の方が待遇ややりがいがある事も考えられます。
薬剤師転職

薬剤師転職|3日ほど前転職の準備をしておこうと人材バンクへ登録を行いに行きました。

一昨日人材バンクに登録をしに足を運びました。登録するときのカウンセリングの時に出てきた担当の人の雰囲気がどうも新入社員みたいで、私が伝えたいことの50%もわかってはいない模様だったのです。それに加えて「キャリアデザインがよくないですね」とか「もっと自分の強みを明確化しいていくことが重要です」等、わかったふうに横柄に話すので非常に不快でした。
薬剤師転職

とある古物商の求人にて、書類選考に合格しました。2、3日・・

とある古物商の求人に応募したところ、書類審査を通過しました。その後面接の日時について担当者から連絡をもらい、だが、当日、指定された場所へ行ってみると、手違いがあったのか相手が面接の用意を一切していないことがわかりました。責任者らしき人が面接に応じてくれたものの、終始たいへんにやる気のなさそうな態度を見せて、グダグダな状態で面接を終えました。
薬剤師転職

薬剤師転職|良い転職する先を見つけるためには、戦略を立てながら意味のある情報を集めることをしておきましょう。

転職することを成功させたいのなら、行動する前に情報を集めることを徹底してみましょう。ですからインターネットを見ると名前を聞いたことのない小規模な会社でもHPに会社のことを書いている場合が多いため、インターネットを活用して自分が知りたい情報を手に入れるとまたその企業について疑問などをチェックしておくと転職の助けになってくれます。
薬剤師転職

薬剤師転職|万が一あなたが、転業を決意したのであれば、まったく社内の人に・・

もし、現職からの転業を決意したなら、徹底して社内の人間にはそれを告げないように、うまく転職活動していき、働いている間は可能なだけ周囲に知られないように普段どおりに振舞うのが良い形といえます。働いている間、その状態をキープしていれば、もし仮に転職先探しが容易に見つからなくても、転職の予定を先送りにしつつ、今の職をそのまま残っても何ら問題がありません。
薬剤師転職

薬剤師転職|転職で面接でほぼ聞かれるのが前の職場を辞めたわけです・・

再就職をする場合で絶対に聞きだされることが職場を辞めたのかという話です。このような質問になった場合には辞めた会社を話の中心にしないほうが良いです。前職を辞めるに至った経緯を的に絞り話が進むと必然的に面接において不利なことを含んだ話題になってしまいます。どのように面接を進めていけば良いかと言うと、前職を辞めたのはこちらの会社にどうしても入社したかった理由があるといった内容にしたら良いということで、自己アピールもかねて今自分が入りたいと思っている方の会社に話の方向を向けていくべきなのです。
薬剤師転職

転職時にかなり重視されるのが間違いなく「面接」です。

再就職をする場合、比較的重視されるのがまぎれもなく「面接」になります。一般的な面接の際は、面接担当者が応募してきた人に対し、転職理由などいろいろな質問が飛んできますが、そして必ず、一通りの質問と説明が終わると、今度は、転職希望者から面接担当の人に不安や疑問に思うことを質問できるチャンスがあります。