薬剤師転職

薬剤師転職

長期間接客関係で仕事をしてきましたが、歳をとると・・

長年接客関係で仕事を続けてきたのですが、年齢を重ねるにつれ立って行う仕事は体力的にしんどいため、事務系のお仕事へ転職することを目標にして行動しました。事務の経験がないとわりと厳しくて、それなら接客の経験も活かせる受付兼医療事務になろうと資格も獲得し個人医院に転職することができました。
薬剤師転職

昔から”石の上にも3年”という生きていくうえで戒めとなるべき言葉があります。

「石の上にも三年」という生きていくうえで教訓となるべき言葉があります。「終身雇用制度」が過去の物となっている現在、「転職」を経験するのが自然なこと、としてとらえている人が多くなってきています。しかし、「仕事を変えること」が一昔前よりも身近になってきたとはいえ、うかつに仕事を変えようとするのは後々のためにはなりません。
薬剤師転職

転職は、最初の第一歩は希望する企業とのやりとりというよ・・

転職活動では、希望先転職先の会社企業というより、採用担当の面接係員との勝負と言ったほうが正しい気がします。其のためには、先ずは面接の時間になる前に焦らずに対応しましょう。たとえばお見合いのような気分でいる、向かうのも大事でしょう。面接に進むとまずは自分の人間性をチェックされるので悪い印象を与える行動は気をつけてぜったいに控えましょう。
薬剤師転職

仕事を変えると、高い確率でそれまでの会社の仕事での美化されるものです。

仕事を変えた場合には、だいたいの場合は以前の会社の仕事でのほとんどは美化された記憶となります。現在の職に問題点があるから、良い方向に進もうとやっと退職を決め、再就職を決意したはずなのに、時間が過ぎるとともにどういうわけか転職した会社よりも「前の職場のほうがよかった」と思うことは多いです。
薬剤師転職

先日新しい仕事先を探すために人材紹介会社へ登録に向かいました。

先日仕事を探すために人材会社へと登録に向かいました。そのときカウンセリングを行いに出てきた担当者の雰囲気がどうも新入社員らしくて、、私が説明した話の3割も彼はわかっていないようでした。そのうえ「キャリアデザインが物足りないですね」とか「もっと自分の強みを知ることが大切です」等、何もかもわかっているかのように偉そうに言うからとても嫌な気分になりました。
薬剤師転職

とある古物商の求人に応募したところ、書類審査に合格しました。その後…

とある古物商の求人に応募し、書類選考に受かりました。その後担当者から面接の日時を教えてもらいました。ですが、面接日当日、指定場所に向かうと、どうしたものか相手が面接準備を一切していないことがわかりました。待たされたのち、所長らしい男性が面接中も半ば聞きというか、最初から最後まで、たいへんにだらしない態度を見せられ、グダグダな状態で面接は終わりました。
薬剤師転職

転職することを成功させるためには、事前の情報を集めることをしておきましょう。

転職することを成功させるためには、前に情報収集を徹底してみましょう。そうするには昨今はどんなに小さな企業の意地でかホームページで会社のことをわかるというのが当たり前になっているから、インターネットの機能を活用して自分の知りたい情報をチェックしておくとまたその企業についてなんだろうと思う点などをチェックしておくと転職の助けになってくれます。
薬剤師転職

薬剤師転職|万が一、現職からの転身を決意したなら、完全に周囲の人間に…

例えば、現職からの転身の決意したのなら、あくまで社内の人間には内密にその意思を知られないように、活動を進め、現職にいるあいだは、徹底的に周囲に悟られないよう通常通りに業務をこなしていくのがたいへん賢明です。現職中、その状態をキープしていれば、もしも希望に知った転職先をすぐに見付けることができなくても、転身の予定を遅らせながら、現在の仕事を続けることも何も問題ありません。
薬剤師転職

再就職をする際でかなり高い確率で投げかけられるのは辞職…

転職する場合の面接で高確率で問われるのは会社を辞めた理由なわけです。この質問に答える場合には話題を退職した会社にしない方がベストです。前職を辞めるに至った経緯を中心に話をすると必然的にマイナス要素を含んだ面接になってしまいますから。この点を上手に進めていくにはなぜ以前働いていた会社を辞めたかという点をこの会社に絶対に入社したいという考えがあったからという感じの話に持っていくべきであり、自己アピールもかねて入社したい会社に焦点を当てるべきなのです。
薬剤師転職

薬剤師転職|再就職をするときに比較的重要視されるのがまぎれもなく「面接」になります。

転職する際、要となるのがまぎれもなく「面接」だと言えます。普通の面接の際は面接官が当人に対して転職を決めた理由や仕事の意気込みなどいろいろな質問が飛んできますが、そしてほぼ100%、面接終了の直前に今度は、面接希望者側からの疑問点などを質問できるわけです。