薬剤師転職

薬剤師転職

薬剤師転職|転職時の面接では面接官から「転職理由をお聞かせくださ…

転職のための面接では注意しておくべきポイントがあります。人事から「転職理由を聞かせて頂けますか?」といった形で、質問されるのはほぼ間違いありません。このときに、いくらあなたが間違っていなくとも、前の仕事場での「労働環境」「人間関係」に関しての愚痴ともとれる内容などは、極力しないほうが良いでしょう。
薬剤師転職

新しい職場で、あなたの過去のキャリアを活かせられれ・・

新しい勤め先で、これまでに培ってきた実力を発揮できれば、即戦力として迎えられ、職場での信頼を勝ち得ることができるはずです。いい人を求人している雇用先も即戦力は常に必要なので、タイミングさえ良ければ、とんとん拍子に事が運ぶでしょう。加えて過去の業務内容と同じような環境の職種なら見込みは十分にあります。
薬剤師転職

薬剤師転職|勤め口を探していたころかなりたくさんの人材紹介会社に登録していました。

かつていくつかの人材紹介会社に登録していました。その時に感じたこと、それは転職のアドバイザーの質も色々あってほとんどの場合、満足のいく対応をしてくれない方ばかりでした。私にとってはかなり重要なことなのにもっと情熱をもってに臨んでほしいという想いが募って、そのことが発端となってキャリアカウンセラーになろうと考えたのです。
薬剤師転職

薬剤師転職|転職をする際に絶対に書く必要がある履歴書や職務経歴書などについて…

転職の際に用意する必要がある履歴書については、原則的には自筆ではなく、パソコンを使って作成するのが一般的となっています。現在の日本社会では履歴書については自筆で用意するというのが常識と捉えられていることもありますが、それは新卒の人たちに関する就職活動やアルバイトやパートの時であって、実際には、転職においては履歴書は絶対にパソコンを使ってはいけないとまでは言うことはできません。
薬剤師転職

職場環境のせいで精神的なダメージが蓄積され、転職せざる負えなくなってしまった時には…

仕事によって心的に苦痛を感じてしまい、転職せざるを得ない状況に至ったなら、そんな時は、会社(の関係者)と相談をするより家族と相談しながら退職するかどうかの判断をしてみましょう。それは、働くのは当事者であるあなたです。が、しかし家族の問題が第一でもあるからです。
薬剤師転職

薬剤師転職|転職の時の面接などの際にもし名刺を差し出された場…

再就職の面接などの場面で面接担当者に名刺を差し出されたとしたら、こちらも名刺を相手に渡す必要があるのか?と対応の仕方に悩んだ際は、たいていの場合は渡さないもの、と理解しておくと良いですね。面接とは仕事ではなく、職を得るための採用活動の一部です。ですからほとんどは名刺を交換する場ではないのです。
薬剤師転職

長きにわたって接客業で務めていたのですが、年齢的に立ったまま行う仕・・

長年接客業で仕事を続けてきましたが、加齢のせいか立ったままで行なわなければいけない仕事は体力的に耐えられず、座って仕事を続けられる事務系のお仕事への転職を志して行動しました。事務の経験がないとなるとわりと厳しく、そうであれば接客経験も活かすことができる受付兼医療事務をやろうと考え資格も取って個人の医院に転職しました。
薬剤師転職

昔から「石の上にも三年」という生きていくうえで戒めとなるべき言葉があります。

古来より”石の上にも3年”という人生において戒めのの意味を持つ言葉があります。現在、ないものと同然である「終身雇用制度」。定年退職までを勤め上げるという感覚は薄れ、「転職」を経験するのが身近なものとして捉えている人も多いはずです。けれども、「仕事を変えること」が一昔前よりも身近になってきたとはいえ、やたらと仕事を探し、変えてを繰り返すのでは問題です。
薬剤師転職

スムーズに転職したい時は、希望する企業相手というよ…

転職とは、企業とのやりとりよりも正確には「担当面接官」とのやり取りが肝心といえます。しっかりと採用してもらうために、第一歩として面接の時間になる前に焦る気持ちを隠し、平常心でいるように心がけましょう。例えれば素敵な女性とお見合いするかのような姿勢でいる望むと緊張がとけるかもしれません。
薬剤師転職

職を変えると、だいたいの場合は前職は大方は美化された記憶となります。

転職したケースでは、高確率で前の会社の仕事の記憶は美化されます。現実には今の職に向いていないと感じたから、それを解消するためにやっとのことで退職を決め、再就職したはずにもかかわらず、時の流れとともに新しい会社よりも「前の職場のほうが良かったかも」と感じる機会が増えてきます。