薬剤師転職

薬剤師転職

長いこと接客業で勤め続けてきましたが、年齢を重ねるにつれ…

長い間接客業で仕事を続けてきましたが、加齢のせいか立ち仕事は体力的にしんどいため、事務系のお仕事への転職を考えて活動しました。事務の経験がないとなると少々難しくて、だから接客経験も活かせる受付兼医療事務になろうと資格も合格して個人医院に転職することができました。
薬剤師転職

昔から日本には「石の上にも三年」という生きていくうえで戒めとなるべき言葉があります。

古来より日本には”石の上にも3年”という生きていくうえで戒めとなるべき言葉があります。1998年に派遣法において対象業務が自由化したとともに「終身雇用制度」は過去のものとなってきています。定年退職までを勤め上げるという感覚は薄れ、「転職」は当たり前の世の中になってまいりました。
薬剤師転職

薬剤師転職|転職は、最初の第一歩は希望している企業そのものより・・

最短で転職したい場合は希望する企業相手というよりもどちらかというと「担当面接官」とのやり取りが重要です。希望する職種に採用してもらえるように、初歩として肩の力を抜いて焦らずに対応しましょう。たとえばお見合いのような気分でいる、向かうと良いかもしれません。更に大事なことは面接を介して第一にあなたの内面的な素質を観てもらうわけですから、悪い印象を与える言動は注意しゼッタイに避けましょう。
薬剤師転職

転職したケースでは、高い確率でそれまでの仕事でのは美化されるはずです。

転職したケースでは、高確率で前職はほとんどの出来事は美化されます。実際のところ現在の仕事に問題があるから、それを解決するためにせっかく退職を決め、再就職すことになったのに、過去を振り返るとなぜかわからないけれど「前職のほうが良かったかも」と感じることは多いです。
薬剤師転職

薬剤師転職|一昨日転職のために人材紹介会社に登録に足を運びました。

3日ほど前新しい仕事先を探すために人材紹介会社へと登録に行きました。登録するときのカウンセリングの時に現れた担当の方がどうも入社してから間もない新入社員で、私が説明していることの3割も理解ができていない模様。さらに悪いことに「キャリアデザインを変えた方がいいですね」とか「自分の強みは何なのか考える必要があります」等、一丁前のことを横柄にしゃべるから大変不愉快でした。
薬剤師転職

とある古物商の求人に応募し、書類選考に合格しました。2、3日…

とある古物商にて、書類選考に合格しました。すぐに相手方から面接の日時を教えてもらいました。だが、当日行ってみると相手の面接の用意が全くできていない状況だとがわかりました。待たされたのち、所長らしき人が面接担当をしてくれましたが、始めから終わりまで、たいへんにけだるい表情を見せ、何とか面接を終えました。
薬剤師転職

後悔しない転職するとを目指すのなら、計画的な情報収集を徹底してみましょう。

後悔しない転職するとを目指すのなら、あらかじめ、行動するようにしましょう。最近は名前を聞いたことのない小さな会社でもHPが用意されている会社が当たり前になっているので、ネットを駆使して自分の知りたい情報を調べておくとまたその会社の疑問点などを整理しておくと相手の会社を知るのが容易です。
薬剤師転職

薬剤師転職|一度あなたが、転職の決断したのであれば、完全に会社の人には…

一度、現職からの転身を決意したなら、徹底して周囲の人にはそれが広まらないようにうまく転職活動を進めていき、現在の会社に所属している間は、可能なだけ同僚に知られないようにいつもと同じように振舞うのがたいへん賢明です。働いている間、その点を心にとめておけば、条件にあう働き先が見付けることができなくても、転身の予定を見送って今の仕事をそのまま残っても心配がありません。
薬剤師転職

転職時の面接で必ず尋ねられるのは辞めた原因についてですが、…

転職する場合の面接で絶対といっていいほど質問されるのは会社を辞めた理由なわけですが、この質問になった場合には話の中心を辞めた会社のことにしない方が最善です。退職した理由が話の中心になると言うまでもなく面接において不利なことを含んだ内容になってしまいます。この話の良い進め方は、どうして前職を退職したのかという事をこちらの会社に絶対に入社したかった理由があるという内容にしたら良いということで、自己アピールもかねて入りたい会社に話の方向を向けていくと良いでしょう。
薬剤師転職

転職をするときにとても重要視されるのが「面接」になります。

再就職する際、とても重要となるのが間違いなく「面接」です。普通、面接の際は当人に対して転職に至った理由などさまざまな内容を尋ねる形になります。そして必ず、一通りの質問と説明が終わると、面接希望者側からの逆質問に切り替わるのが普通です。担当者から、「我が社について何か疑問に思うことはありませんか?」と聞いてくれるわけです。