薬剤師転職

薬剤師転職

薬剤師転職|あたらしい職場でこれまでに培ってきたキャリアを生かすことができれ…

新たな職場にてこれまでに培ってきた実力を活かせられれば、即戦力となってすぐに仕事場で存在感を得られるでしょう。人を募集している会社サイドも、そのような即戦力は常に必要なので、タイミングさえ問題なければ、簡単だといえます。しかも、かつての業務内容と似た仕事なら転職は非常に容易になります。
薬剤師転職

自らが仕事を探していた時期に何個かの人材紹介会社に登録していのだ・・

私が転職を考えていた時期にかなり複数の人材紹介会社に登録していました。サポートしてくれる担当者のレベルがまちまちでほとんどは満足できない感じる方ばかり。私とっては大切なことなのにもっと一生懸命に向き合ってほしいという感情がいっぱいになり、それが理由で自分がキャリアカウンセラーになりたいと考えるようになりました。
薬剤師転職

再就職しようとする場合絶対に必要となってくる履歴書についてです・・

再就職しようとする際に書く必要がある履歴書などにおいては、原則的には手書きではなく、パソコンを用いて作成するのが主流となっています。現在の日本においては履歴書や職務経歴書についてはペンを使って作成するのが一般常識だと捉えられていることもありますが、それは新卒の就活やアルバイトやパートの時に用意する履歴書であって、実際には、転職の場合は履歴書や職務経歴書は必ず手書きでないといけないとまでは断言できません。
薬剤師転職

薬剤師転職|働くことによって精神的な負担が増え、職場を変えなくてはいけない状況に追い込まれたのな…

職場環境のせいで心的なダメージが増え、会社を変えなければという気持ちになったなら、そのときは、職場の人に相談するよりも自身の家族に相談したうえで、会社を辞めるか決めるといいでしょう。どうしてかというと、働くということは自分のためでもあります。が、しかし同時に、身内の問題ともいえるのです。
薬剤師転職

再就職の時の面接などの際にもし面接担当者に名刺を差し出された場・・

転職での面接などの時に面接担当者が名刺を差し出してきた場合、あなたも同様に名刺を渡すべきか?と対応の仕方に悩んだときは、たいていは差し出す必要のないもの、と覚えておきましょう。面接とは仕事の一部ではなく、採用活動内のことなので、ほとんどは名刺をやりとりする時間とは異なります。
薬剤師転職

長く接客業で勤め続けてきたのですが、加齢が原因か立って行わなければいけない仕…

ずっと接客業で働き続けてきましたが、歳をとるにつれ立ち続けるお仕事は体力的に難しくなったため、座って仕事を続けられる事務系のお仕事へ転職することを目指して動きました。事務の経験がないとなかなか採用してもらえず、接客の要素もある受付兼医療事務になろうと資格を取得して個人の医院に転職することができました。
薬剤師転職

古来より「石の上にも三年」という諺がありますが、1998年に派遣法において対象業務が自由化したとと…

昔から”石の上にも3年”という教訓があります。昨今、「終身雇用制度」もなくなりつつある現在、「転職」が身近なものとして捉えている人も多いはずです。ただ、「転職」が当たり前になったからといっても、やたらと仕事を探し、変えてを繰り返すのでは問題です。実際に仕事を変えたいと考えているなら、タイミングを捉える必要があります。
薬剤師転職

薬剤師転職|転職活動は、希望している企業そのものよりも、どちらかと言えば面接係員と・・

スムーズに転職したい時は、希望している企業そのものより、どっちかというと「担当面接官」との勝負ともいえます。希望する企業の面接で良い印象を与えるために、はじめにあまり意識せずに冷静に、焦る気持ちににならないように、素敵な女性とのお見合いのような気分でいる、向かうと問題はありません。
薬剤師転職

薬剤師転職|職を変えると、だいたいの場合は前の仕事は美化された記憶となります。

仕事を変えると、高い確率でそれまでの会社の仕事はほとんどの記憶は美化されます。実際のところ今の職務にダメだからそれを解決するためにどうにか再就職を決めたはずなのに、気付けば不思議なことに新しい会社よりも「前の職場のほうが良いのでは?」と思ってくるのです。それというのは当たり前で、前の職では仕事に慣れ切っていて今よりも苦労なくやるべき業務もあっさりとできていたのも大きい理由ですが、しかし、「転職なんてしないほうが良かった」と心底悔やむほど、前職の方が待遇ややりがいがある事も考えられます。
薬剤師転職

薬剤師転職|3日ほど前転職の準備をしておこうと人材バンクへ登録を行いに行きました。

一昨日人材バンクに登録をしに足を運びました。登録するときのカウンセリングの時に出てきた担当の人の雰囲気がどうも新入社員みたいで、私が伝えたいことの50%もわかってはいない模様だったのです。それに加えて「キャリアデザインがよくないですね」とか「もっと自分の強みを明確化しいていくことが重要です」等、わかったふうに横柄に話すので非常に不快でした。