薬剤師転職

薬剤師転職

長きにわたって接客業で務めていたのですが、年齢的に立ったまま行う仕・・

長年接客業で仕事を続けてきましたが、加齢のせいか立ったままで行なわなければいけない仕事は体力的に耐えられず、座って仕事を続けられる事務系のお仕事への転職を志して行動しました。事務の経験がないとなるとわりと厳しく、そうであれば接客経験も活かすことができる受付兼医療事務をやろうと考え資格も取って個人の医院に転職しました。
薬剤師転職

昔から「石の上にも三年」という生きていくうえで戒めとなるべき言葉があります。

古来より”石の上にも3年”という人生において戒めのの意味を持つ言葉があります。現在、ないものと同然である「終身雇用制度」。定年退職までを勤め上げるという感覚は薄れ、「転職」を経験するのが身近なものとして捉えている人も多いはずです。けれども、「仕事を変えること」が一昔前よりも身近になってきたとはいえ、やたらと仕事を探し、変えてを繰り返すのでは問題です。
薬剤師転職

スムーズに転職したい時は、希望する企業相手というよ…

転職とは、企業とのやりとりよりも正確には「担当面接官」とのやり取りが肝心といえます。しっかりと採用してもらうために、第一歩として面接の時間になる前に焦る気持ちを隠し、平常心でいるように心がけましょう。例えれば素敵な女性とお見合いするかのような姿勢でいる望むと緊張がとけるかもしれません。
薬剤師転職

職を変えると、だいたいの場合は前職は大方は美化された記憶となります。

転職したケースでは、高確率で前の会社の仕事の記憶は美化されます。現実には今の職に向いていないと感じたから、それを解消するためにやっとのことで退職を決め、再就職したはずにもかかわらず、時の流れとともに新しい会社よりも「前の職場のほうが良かったかも」と感じる機会が増えてきます。
薬剤師転職

現在では、株・不動産投資などの不労所得で生計を立てたり…

この頃では、株式・不動産投資などの不労所得で収入を得たり、独立、起業等、そういった変化に伴い、「会社員以外は不安定であぶない」といったこれまでの常識も変わりつつあるようです。高度経済成長期には株式投資、自営業といった稼ぎ方よりも雇用されて働いているほうが大いに安定していて、人生の「花形」としてまたそれが当たり前であるかのように、広く一般の人々に浸透していました。
薬剤師転職

薬剤師転職|昨日転職先を探すために人材バンクへ登録をしに行きました。

この前転職のために人材会社に登録に向かいました。登録するときのカウンセリングの際に現れた担当の方が見たところ入社間もない新入社員のようで、こちら側が説明していることの5割ほども彼は理解できていない様子です。それでいて「キャリアデザインを変更した方がいいですね」とか「もっと自分の強みを明確化しいていくことが重要でしょう」とか、知ったかぶりに偉そうにのたまうからとても嫌な気持ちになりました。