薬剤師転職

薬剤師転職

転職活動を開始するとき、様々な方法で情報を収集するのが通常だと思いますが、…

転職活動を開始するにあたって、いろんな経路で情報を集める人が大半だと思いますが、転職系の「口コミサイト」はかなり利用価値があり、オススメです。一時期、悪い口コミをサイトに載せられたということで、サイト運営者に対して損害賠償請求をした事例がありました。会社の都合で退社した元社員の報復としてそういった内容が投稿された、と見るのが一般的ではあるものの、違った視点から見れば、投稿の内容が真実でなければ、会社としては気にしなくていいようにも思えます。
薬剤師転職

転職活動を行う際の最後の難問として、現在勤めている企業からの退職があります。

転職活動において最後にクリアしなければいけない難問として、現在勤めている会社の退職があげられます。転職先を決めたとしても、現在働いている企業があなたを手放したくないとして慰留しようとするかもしれません。仮にそうなったとしても、絶対に退職する、という強固な気持ちを維持することが大切といえます。
薬剤師転職

薬剤師転職|転職時の面接で着るビジネススーツの色については、新卒の方が就活の際に…

転職の時の面接で着るスーツのカラーにおいては、新卒の学生が就職活動の時に準じているカラーが良いです。要するに、黒系や紺系などのような暗い色、ということになります。それが、転職の面接でも、ビジネススーツの色味というのはこういったような暗い感じの落ち着いたカラーが多数派になっており、それ以外の色の人はほとんど見かけることはありません。
薬剤師転職

薬剤師転職|近い将来、ますます短絡的な仕事は機械によってその変化によっ…

この先、私たちの労働環境において、どんどん考えなくてもできる仕事は機械で済まされるようになり当然のことながらマンパワーは減少させられてしまいます。なぜかというと、シンプルな作業は人が作業するよりも機械を稼働させたほうが比べられないほど利便性にすぐれているからです。
薬剤師転職

薬剤師転職|転職にも万事都合よく運ぶ保証はありません。

仮に転職を目指そうとしても、すべての人が思ったとおりの成果をあげられるという保証はありません。可能であれば、そのうちに転職するつもりなら早めに変えたほうが良いでしょう。普通は、30代前半までは良い結果が出やすいですが、30代後半~40代を迎えてしまうと転職は相当に厳しいといえます。
薬剤師転職

薬剤師転職|今では、株・不動産投資をはじめとした不労所得を得たり、…

現在では、株や不動産投資等の不労所得や個人経営 で頑張っている人も増えています。そういったような世の中の変化に伴い、「自営業は不安定であぶない」といった従来の見解も変わってきています。高度経済成長時代には、どう転ぶかわからない個人事業よりも雇われているほうが大いに堅実であり、人が生きていくうえで正しい道として、一般の人々に認識されていました。
薬剤師転職

転職時の面接では、中堅企業であればそこの会社の「人事」担当者が面接官です…

再就職時の面接では、小企業であれば、おおよそは人事担当者ですが、別の場合もあります。例を挙げるなら、一緒に仕事をする作業部署の責任者、つまり役職クラスである課長や部長が面接の場にいることも珍しくありません。とりわけ、事務系・営業系などのカテゴリでは、資格だけでは人の評価が難しいですから、やはり自分自身をアピールしていくようにしたいものです。
薬剤師転職

薬剤師転職|このところ私は派遣の会社に登録しています。

派遣会社に入っています。インターネットサイトで気の向くままに自分に向いていそうな仕事を見つけ出して応募したい旨を伝えたところ「その仕事はすでに別の人に決まりました」と言われて瞬間的にサイトから仕事の情報がなくなってしまうのですが、どういうわけか次の日になると元に戻っています。
薬剤師転職

求人誌をチェックする折、例えば、「事務系の仕事をしたい」という人は・・

求人サイトを見るとき、「オフィス系の仕事をしたい」という人は、製造業をチェックしていなかったりします。そのような人は、「製造業は製造マンの求人だけだ」と勘違いしていたりします。現に、製造業での求人でも、現場に出る製造の仕事だけでなく、経理、人事、総務などの人材募集から、購買、営業管理のような「事務系」に分類される仕事も結構な数あります。
薬剤師転職

薬剤師転職|転職時の面接では面接担当から「転職理由を聞かせて頂けますか?・・

転職時の面接の時に人事担当から「転職理由をお聞かせください」という風に、聞かれることはほぼ間違いありません。その場合、いかなる訳があったにせよ、過去の職場の「人づきあい」「働く環境」に関しての愚痴ともとれる内容などは、絶対に口にするのは避けましょう。もしも、こういった話をしてしまうと、採用される可能性を逃してしまうことになりかねません。