薬剤師転職

薬剤師転職

転職活動を開始するとき、様々な経路で情報を集めるのが通常だと思います…

転職活動をする際、様々な経路で情報を集めるのが通常だと思いますが、転職についての口コミサイトは利用しなければもったいないです。一時期、会社に不利益となる悪い口コミが掲載されたという理由で、運営サイト側に損害賠償請求を起こした事例もありました。会社の都合で退社させられた元社員の報復によってそのような口コミが投稿されていたと見るのが一般的ですが、異なる角度から見れば、ウソばかりの投稿だったなら、会社側が気にする必要すら無いともいえますよね。
薬剤師転職

転職活動を行う際の最後の問題として、現職の退職があります。

転職活動における最後の難問として、「今勤めている企業をいかにして辞めるか」ということがあげられます。転職先の会社がOKしたとしても、現在働いている会社が退職を慰留することは多々あります。そうなった場合、何があっても退職する、という強固な意思を保つことが求められます。
薬剤師転職

仕事の面接でいるスーツのカラーについては、新卒の学生が就職活動の・・

仕事の面接で着用するビジネススーツの色合いは、新卒の就活の際にに身に付ける色味が暗黙の了解となっています。ですので、黒や紺の暗めの色味になるわけです。それが、転職のケースであっても、着用するビジネススーツの色合いはこのような暗めの落ち着いたカラーが圧倒的に多くて、そうでない色のビジネススーツの人は少数です。
薬剤師転職

薬剤師転職|この先、ぐんぐんとシンプルな作業は機械化が進行し、それに伴い・・

この先、私たちの労働環境において、ぐっと思考を必要としない労働は機械に入れ替わりそれに伴い、必要な稼働人口はどうしても縮小していきます。なぜなら簡単な作業という観点では人の手を借りるよりも機械を稼働させたほうが比べられないほど作業量をこなせるからです。数をカウントするとか、同じ手順を繰り返すのは機械には問題ありません。当たり前のことながら人間とは違って文句は言わないし、ペースが変わらないし、横着をすることもないし、正確にこなしてくれますし、それを均一化できます。
薬剤師転職

再就職を目指そうとしても、全てが首尾よくいくという保証はありません。

転職しようとしても万事うまく進行すると断言はできません。それは可能ならなるべく早い時期に行動しておいたほうが良いです。一般的には、30代前半までは良い希望を見出しやすいですが、30代後半~40代になってしまうと転職活動は、とても厳しいといえます。役職をすでに担当しているのなら、転職する意思が芽生えたとしても、現在の会社に居残ることも選択項目に残しておくべきです。
薬剤師転職

現在は、株・不動産投資などといった不労所得、ある…

今では、株や不動産投資等の不労所得で生計を立てたり、個人経営 ・起業といった生き方も増えています。そういった世の中の背景もあり、「会社の下で働く以外は怖い」といった見解も変わりつつあります。高度経済成長の時代には、どう転ぶかわからない株式投資や自営業者よりも組織の一員であるほうが安定性にすぐれ、人が生きていくうえで正しい道として、またそれが決まり切ったことであるかのように社会に認識されていました。
薬剤師転職

薬剤師転職|再就職の際の採用面接では、小企業クラスの場合概ねその社内の「人事」担当者が面接官ですが・・

再就職の際に行われる面接というのは、中小企業だったらおおよそは、そこの会社の「人事」担当者が面接官となりますが、状況によっては、人事以外が担当するかもしれません。実際に仕事をすることになる現場の一番偉い人、言い換えれば部長・課長などの役職の人が面接を担当する可能性も考えられます。
薬剤師転職

このところ私は派遣会社に入っています。

このところ私は派遣で働いています。サイトでなにげなく自分に向いていそうな仕事を発見して確認したところ「そのお仕事はもうすでに他の人が採用されました」と断られて一瞬ウェブサイト上からお仕事の情報がなくなるのですが、翌日になれば再び載っています。それって結局私だとダメってことですよね。
薬剤師転職

求人に関する情報をチェックする場合、例えば、「オフィス系の仕事をしたい」という人ほど…

求人誌をチェックする場合、事務系の仕事が希望だからと、製造業をあまりチェックしていません。そういった人は、「製造業は製造マンの求人募集だけだ」と間違って解釈している場合もあります。製造業の求人であっても現場に出る製造の仕事だけでなく、経理、人事、総務などの従業員募集から、資材、購買、営業管理といった「事務系」に分類される部署もかなりの数あります。
薬剤師転職

薬剤師転職|転職のための面接では注意する点があります。

転職時の面接で担当者から「転職理由を聞かせて頂けますか?」とほぼ質問されます。この時に、いくらあなたが間違っていなくとも、前の職場の「人づきあい」「労働環境」が悪かったという内容は、できれば口にするのは避けるべきです。もしも、そのような不満を口にすると、あなたにマイナスのイメージが付き、チャンスを無駄にしてしまうことになります。