薬剤師転職

薬剤師転職

新しい勤め先で、それまでに培われてきたスキル・キャリア生かせたら、…

新しい仕事で、今までに培ってきた資格やキャリアを発揮できれば、即戦力として認識され、即、職場にも馴染めるはずです。また会社サイドも、そういった即戦力となる人材は常に必要なので、タイミングさえあえば、難なく事が運びやすいといえます。それに加えて過去の仕事と似ている仕事なら転職はとても楽となります。
薬剤師転職

私が仕事を探していた時期にかなり多くの人材紹介会社に登録していのだが、…

自らが求職中のころかなり複数の人材紹介会社に登録していたのですが、その際に特に思ったのは転職アドバイザーのレベルも本当に色々あってその多くはいまいちな担当者ばかりでした。私にとっては、とても大切なことなのにもっと誠意を込めて向かい合ってほしいという欲がいっぱいになりました。
薬剤師転職

転職をしようとする時に書かないといけない履歴書は、だいた…

再就職する際に必ず用意する履歴書に関してですが、大方は手書きではなく、パソコンを用いて作るのが主流です。現在の日本では履歴書についてはパソコンで書かれたものではなく手書きで用意するというのが普通だと捉えられているようですが、それは新卒の人たちの就職活動やアルバイトの時に用意する履歴書であって、実際のところ、転職の時は履歴書は手書きじゃないといけないと断言はできません。
薬剤師転職

会社が原因で回復が難しいほど心的なダメージがあり、転職を考えざるを得ない状況にまで悪化したなら…

仕事をするにあたって回復が難しいほど心的に厳しくなって、転職しなくてはいけない状況にまで悪化したなら、そんな時は、会社と相談ではなく家族と話して、退職するかどうかの判断をした方が良いです。なぜそうしたほうが良いかというと、働くのは自身のことでもありますが、家族の問題ともいえます。
薬剤師転職

転職の面接などの場面でもし名刺を手渡されたら、同じようにあなたも名・・

転職における面接などに関してもし名刺を差し出されたとしたら、あなたも名刺を相手に渡す必要があるのか?と対応の仕方に迷った場合は、大体の場合は渡す必要はないと覚えておいてください。転職のための面接は仕事内のことではなくて、職に就くための採用活動の一部なので、普通に考えれば名刺を交換する場とは違います。
薬剤師転職

薬剤師転職|長年接客業で務めていたのですが、加齢が原因か立って行わなければいけない仕事…

長年接客業で勤め続けてきましたが、歳をとるにつれて立ったままの仕事は体力的に難しくなったため、座り仕事である事務系のお仕事への転職を視野に入れて行動にうつりました。事務が未経験となるとなかなか難しくて、だから接客経験も活かせる受付兼医療事務をやろうと考え資格も取り個人の病院に転職をしました。
薬剤師転職

薬剤師転職|古来より「石の上にも三年」という生きていくうえで戒めとなるべき言葉があります。

日本には昔から「石の上にも三年」といわれる諺もありますが、現在の社会では終身雇用制が死語になりつつ有る昨今では「転職」はとても身近なものになってきました。とはいえ、「転職」が当たり前になったからといっても、うかつに仕事を変えようとするのは後々のためにはなりません。
薬剤師転職

薬剤師転職|転職活動を成功させたい場合、希望する企業相手というよ…

転職とは、希望している企業そのものより、ある意味、「担当面接官」とのやり取りが肝心です。希望する企業に採用されるために、まずは普段通りを意識して焦らずに対応することを心がけましょう。女性とお見合いをするような意識で望むと問題はありません。面接官に対しては第一歩としてあなたの「人間性」をチェックしてもらうので悪い印象を与える行動は気をつけてぜったいに控えましょう。
薬剤師転職

職を変えた場合には、だいたいの場合は前の仕事は多くは美化された記憶となります。

転職すると高い確率で以前の仕事は大方の出来事は美化されます。現実には現在の職に満足できないから、前向きな思いで退職を決め、再就職すことになったのに、時間が過ぎるとともになぜか転職後の会社よりも「前の職場のほうが心地良かった」と感じることが増えてきます。というのは普通で、前の職場では日々の仕事を把握していて、すんなりと日常の業務をあっさりとできていたから、一番のというのもあるでしょう。
薬剤師転職

先週転職のために人材紹介会社へ登録に出向きました。

数日前新しい仕事先を見つけようと人材紹介会社へ登録に行きました。登録するときのカウンセリングをするために現れた担当者の雰囲気がどうも入社してから間もない新入社員で、こちらが説明している話の3分の1もその社員はわかっていないようでした。そのくせ「キャリアデザインを考え直さなければいけません」とか「きちんと強みと弱みを明確化することが重要でしょう」とか、ベテラン社員のように偉そうに言い散らかすので非常に不愉快でした。